地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

ノミ注意報?人への被害、始まる

201007161.jpg

例年、梅雨明けの時期にノミの大発生を経験する。

今年も始まった模様だ。
大発生は人への被害がある。
外に出ない猫だからと油断をしていてやられる。

ヒザから下に被害が集中する。

蚊に刺された場合と違うのは、カユミが1週間ぐらい続く点だ。
動物がいて、ノミが目撃された場合は、
動物のノミ対策をしないとおさまらない。

あと、
バラまかれたノミの卵を、掃除機で徹底的に掃除すること。

参考:今年のノミ対策ガイドライン


201006181.gif
「TNR?Tシャツ2010」 注文受付け7月19日まで

banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2010/07/17(土) 05:36:08|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

皮弁猫 その後

201007121.jpg

5月27日の猫の皮弁記事のお猫さん。

あれから約50日。
皮弁移植の3分の2は付いたが、3分の1は皮弁壊死した。

現在は壊死部分もかなり縮小してきている。
もう一息だ。

それにしてもこのお猫、馬鹿になれなれしい。
生粋の野良とは違うような気もする。


201006181.gif
普及啓もうに役立つ「TNR?Tシャツ2010」ただいま注文受付中

banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/07/12(月) 12:45:18|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近頃のコクシジウム なんだか手ごわい

201007093.jpg

子猫の検便 よく見つかるのは回虫とコクシジウム

回虫は市販の薬でもよく落ちる。
しかしコクシジウムはちょっとやっかいだ。
人用医薬品のサルファ剤シロップを1?3週間飲ます。
1週間ごとに検便をする。
今年のコクシ、3週間飲んでも陰性にならないのが続いている。
どうせ、
猫のコクシジウム治療薬として販売されている薬は国内にはない。
人医用サルファ剤も製造中止が増えて選択肢は年々減ってきている。
サルファ剤シロップ以外の選択肢を探してみる。

トリブリッセンという犬用抗菌剤:歴史のある薬だが、現在中型犬用錠剤しか販売されていない。子猫用に調剤する必要あり。
バイコックスという牛豚用コクシジウム薬:新しい薬で小動物での情報があまりない。これはちょっと不安。

今回はトリブリッセンを選択 

201006181.gif
普及啓もうに役立つ「TNR?Tシャツ2010」ただいま注文受付中

banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/07/10(土) 07:52:16|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

巨大な歯石を見ると 指ではがしたくなる

201006293.jpg

猫も長生きになってきた。

君たちは歯を磨くということをしないから、長生きすれば歯石もたまる。
野生の肉食獣は生肉にかぶりつき、引き裂くという行為が歯の汚れを落とすらしい。

「外猫にもキャットフードをあげましょう」と、環境省のガイドラインにも載るくらいだから、今の猫たちには「引き裂く」ということが必要なくなった。

十数年分の歯石は巨大化してくる。
巨大化すると人のツメで引っかけて簡単にはがれることがよくある。
はがれおちるときれいな歯と歯肉が現れる。

歯石の場所は細菌の巣であるから、歯根が傷んでぐらついていることがある。
自然の状態で歯石もろとも歯が抜け落ちることはよくある。
そうやって多くの猫が歯を失う。

抜けそうで抜けない歯があると、エサが食べられなくなる猫がいる。
歯が内側に倒れると、噛み合わせができずアゴが閉じられなくなる。
食べられない日が続くと衰弱してくる。
さわらせない外猫の場合、つらい状態である。

野生の肉食獣が歯をすべてなくすということは、ハイエナのエサになることを意味している。
しかし日本の野良猫は歯がなくなっても生きていける。
キャットフードのおかげである。

201006181.gif
TNR?Tシャツ2010注文受付中

banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/30(水) 06:10:29|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫にアトピカ計画 5日目

201006281.jpg

虐待だと誰もが思った。

昨年10月虐待の疑いで保護されたクロちゃん。
背中の皮が3?×15?くらい剥けてなくなっていた。
当初、熱湯か薬品による火傷を疑っていた。
数か月で皮膚はほぼ再生して、その傷は治ったのだが、
治療中に気がついたことがある。

他の場所に皮膚炎ができてかきむしり、ドンドン悪化して火傷のようになってしまう。
治療して治ったと思うと、また違う場所にできる。
これを繰り返している。
どうもアトピーのような気がする。
あの傷も虐待ではなかったのではないか。

このところステロイドの反応が悪くなった。
量を増やさなくては効かなくなってきた。

そこでアトピカという薬の選択を考えた。
免疫を抑える薬だ。
犬では劇的な効果があり、ステロイドから脱出できたケースを経験した。

しかし残念ながら猫の薬ではない。
猫への投与例は少ないのでデーターもほとんどない。
ステロイドの数十倍の高価薬であるが試してみる価値はありそうだ。

現在5日目。
今のところ副作用は観察されない。
痒みはまだあるようだが、皮膚の状態は改善に向かっている。

計画では1カ月毎日投与して、その後数日おきの投与に減らしていく。


banner_031.gif

201006181.gif
TNR?Tシャツ2010注文受付中

DVDパッケージ「犬と猫と人間と」6/26発売

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/28(月) 08:51:56|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノミとの戦いの歴史

nomi11.gif

量販店などで販売されているノミ駆除薬は医薬部外品である。
その多くは、除虫菊成分を使ったものである。ノミとりパウダー、ノミとりシャンプー、スポット製剤、首輪などが出ている。除虫菊は蚊取り線香に代表される古典的な薬剤である。
歴史があるから安全性は高い。
しかし、歴史があるということは薬剤耐性ができているとも言える。
今いるノミはその薬剤で生き残ったノミの子孫である。その薬が効かない遺伝子を持っているのが多くなる。

動物病院専用の医薬品では次々と薬が開発されてきた。
その数も多いが、記憶に残るノミ駆除薬名品について触れてみる。
1970年代以降使用されていた代表的ノミ駆除薬。

ネグボン:有機リン系殺虫剤。粉末、液材。
バポナドッグバンド:有機リン系ノミとり首輪
オテロカラー:ジムピラートノミとり首輪。
ボルホパウダー:プロホクスルノミ取りパウダー。
フロントラインスプレー:フィプロニルノミ取りスプレー
チグボンスポット:有機リン系スポットタイプノミ駆除剤
プログラム:卵や蛹に効く昆虫成育制御剤(IGR)ルフヌロン。内服薬、注射薬。
フロントラインスポット:フィプロニルスポットタイプノミ駆除剤。
フロントラインプラス:フィプロニルに卵や蛹に効く昆虫成育制御剤(IGR)メトプレンがプラスされた。
プログラムA:ニテンピラム内服薬。

医薬品の世界では効果の強い薬が次々と開発されてきた。
現在販売されていないものは、強力なライバルの出現や副作用問題で姿を消していったものである。
近年、薬剤耐性問題では昆虫成育制御剤(IGR)が配合されるようになってきた。
「もし耐性をもったノミが生き残っても繁殖はさせない」という戦略である。



テレビ東京「トコトンハテナ」次回は地域猫 6月27日(日)18:30?19:00

banner_031.gif

201006181.gif
TNR?Tシャツ2010注文受付中

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/27(日) 10:22:54|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年のノミ対策ガイドライン

ノミ対策の商品は数多くある。どれを選択するか悩むところである。
まずホームセンターや薬局で売っている「医薬部外品」と動物病院取り扱いの「動物医薬品」に分けられる。
一般に医薬部外品は価格は安い。
動物医薬品は駆除効果が高い。

ここでは駆除効果の高い動物医薬品について選択してみる。

1 100%ノミを駆除したい→フロントラインプラスアドバンテージプラス

2 経済的にノミを駆除したい→マイフリーガード

3 回虫や耳ダニも同時に駆除したい→レボリューション

4 さわれない猫のノミを駆除したい→キャプスター(旧商品名プログラムA)

5 2か月以下の子猫に使いたい→フロントラインスプレー

完全室内飼いだからノミ対策をしなくてもよいと思う人もいる。しかし夏場は、路上に落ちてるノミが歩行者に飛びついて運ばれることがある。一度ノミが室内に入ると、カーペットの隙間などにノミの卵が入り込むので、卵対策のプラスされたものがお勧めだ。薬剤耐性をもつノミ遺伝子も断つことができる。産卵と孵化の日数からみると、2カ月以上連続使用すれば室内から100%ノミ駆除可能。

フロントラインの成虫駆除成分フィプロニルだけを配合してあるのがマイフリーガード。価格で選ぶならこれ。卵に対する効果はないが、外出自由猫が多数出入りする場合にはお勧め。

やはり外出する猫でノミ以外に耳ダニ、回虫、フィラリア対策もしたい場合はレボリューション。卵に対する効果はない。

公園猫などさわれない猫が多数いる場合はキャプスター錠。
警戒心が強く、1か月に1回首筋に垂らすスポットタイプが使えない猫の選択肢。つぶしてエサによく混ぜる。嗜好性はよく失敗が少ない。1錠で1?11キログラムの猫に対応。1匹あたりの単価が安い。駆虫効果は1日しか期待できないので、エサ場に集まる猫全員に一度に使用するのが効果的。(1シーズンに2回くらい使っている公園猫で、ノミの寄生がなくなったのを観察している)



杉並区 飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業:申請は6月11日(金曜)まで


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/05/30(日) 11:07:28|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

猫の皮弁

事故か虐待かの判定

201005261.jpg


野良猫生活には危険がいたるところにある。

現在保護中の猫は、首の皮膚が広範囲に欠損していた。
皮膚が壊死して脱落したものだ。
捕獲当初、腐敗臭が強くミイラ化した皮膚の一部が付着していた。

警戒心はあるが攻撃性はないので、治療と保護には順応してくれる。
現場の状況は、河川沿いの食品化学工場隣接地。

外傷の部位と現場の環境から交通事故の可能性は低い。
猫のケンカによる化膿で皮膚壊死する場合もあるが、ちょっと傷が大きすぎる気もする。
広範囲の皮膚壊死はヤケドの疑いを持つ。
ヒゲや毛に焼け焦げた形跡はない。ヤケドの場合熱湯や薬品や熱い鉄板などが想像される。

工場内だと危険物がいろいろあるから、事故とも考えられる。
近隣で同じ被害の猫が3匹以上出れば、虐待の疑いも濃くなる。
猫のケンカの可能性も捨てきれない。

虐待か事故かの判定は難しい。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/05/26(水) 08:28:35|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伝染病について考える

口蹄疫のニュースを見て腹立たしく思う。
まだ火が消えていないのに、責任の追及に時間を割いている。
今やるべきことは火を消すことに全力で支援することだろう。
現場の苦労は想像以上のものであろう。
コンビニ各社での「口蹄疫義援金」募金箱の設置が始まった。

猫の世界にも伝染病はいくつかある。
とくに死亡率の高い猫パルボ。
猫の里親会やシェルター関係者はよく知っておかなければいけない。

外で保護された猫はまず隔離するのが原則。
2?3週間観察して、異常がなければ他の猫と接触させても危険は少ない。
感染していれば通常2週間以内に発症する。
子猫の場合にはこの予防策しかない。

ワクチンは生後2カ月、体重で言うと800グラムを越えたくらいから接種できる。
ワクチンはうって翌日からもう安全というわけではない。
効果の出るまでの2?3週間はやはり隔離が望ましい。

現在、口蹄疫発生で動物用の消毒薬が入手しにくくなっている。
排せつ物は厳重に処理する。
食器やケージは物理的によく洗う。これだけでもかなり防げるが、
さらに熱湯、塩素系漂白剤などで消毒することも必要になる。

パルボウィルスの死滅する漂白剤の濃度というのが知られているが、
実際にやると人間の皮膚や呼吸器にダメージがある。
やるならマスクやメガネや手袋の完全防護でやるのがよい。

死滅でなく、伝染力をとめるというレベルであれば、もう少し薄い濃度でもいいような気もする。


banner_031.gif


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/05/20(木) 13:31:40|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

FC2Ad