地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

猫の里親会in新橋

20071209.jpg


里親会は熱気に包まれていた。
会場には各地の猫ボラさんが持ち込んだ約30匹の猫が出会いを待っていた。人の8割は猫ボランテイァさんである。猫を飼いたいと来るお客は少ない。自分のもって来た猫に声がかかるのをじっと待つ。お客はなかなか来ない。宣伝が足らないと実感する。

猫ボラさんは「いつでも里親募集中!」掲示板の投稿常連者が多い。初対面でも互いに名前は知っていて、同じ志を持っている人ばかりだ。しかしライバルでもある。人より目立つように裏技を使う人もいる。需要が少なく供給が過剰だからそういうことが起こる。

そんな中、1匹の子猫が決まったとき、会場のどこからともなく拍手が起こったそうだ。会場全体に拍手が広がる。「誰の猫でも決まればうれしい」そういう気持ちの拍手だ。

たくさんの人たちが「猫を助けたい」という思いで集まり、ここで連帯感が生まれてくる。それはやがてパワーとなる。
無償の奉仕活動。どうしたらもっと多くの人に知ってもらえるか。
宣伝が今一番の課題である。

にほんブログ村ランキング地域猫にほんブログ村 猫ブログへ

人気blogランキングはこちら
banner_01.gif




テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2007/12/09(日) 20:59:12|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

こんにちは!
現在人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!
  1. 2007/12/09(日) 21:57:41 |
  2. URL |
  3. ミルハウス #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/991-c2b438f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad