地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高齢者と猫

ここ数日多忙で、お絵かきをする時間がなかなか取れないのです。ご勘弁下さい。

昨日猫仲間と話をしていたことと、先週の新宿猫セミナーで加藤由子先生が言っていたことが重なる。
「高齢者は猫を飼うと元気になる」
この話は以前ホームページでも書いたのだけれど、高齢者が猫を飼うと精神的にも肉体的にもプラスの作用がある。
猫がいると朝いつまでも寝ているわけにはいかない。「腹が減ったぞ、メシにしろ」と起こしに来る。猫はいつまでも話を聞いてくれる。「その話は前に聞いたよ」とか、「お前の話はつまらん」とか、そういうことは言わない。忍耐強く聞いてくれる。任天堂のゲーム機を買うより猫の方がボケ防止になる。
ところがである。高齢者には猫をあげたくない理由がある。
最近の猫は20年くらい長生きするのがいる。飼い主が先に亡くなり、猫が残された場合を心配するのだ。
先日、個人で猫シェルターをもっている人から、猫を受け入れたいという依頼を受けた。条件は10才以上で行き場のないかわいそうな猫ということだった。自分の年齢と猫の寿命を考えてのことだ。
高齢者が安心して猫を飼えるシステムがまだできていない。高齢者でなくても、猫をたくさん抱えている人はいつも不安に思っている。明日はどうなるかわからない。
猫が残された場合、それを受け入れてくれるシステム作りが必要だ。
数匹ならば、猫友達がたくさんいればなんとかしてくれる。しかし10匹以上だとそうもいかない。
万が一の場合の良いシステムがあれば、高齢者でも猫が飼える。

福島県動物愛護管理推進計画の策定に係る県民意見の募集について(11月19日?12月19日)


いつもポチッとありがとうbanner_031.gif


ブログ村ランキングはこちらにほんブログ村 猫ブログへ


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2007/11/28(水) 21:58:45|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

ころちんさんの ご意見に賛成!!

 とても心優しい制度ですね・・・・・・・

 
  1. 2007/12/07(金) 11:14:23 |
  2. URL |
  3. ジジ #-
  4. [ 編集]

ネコの養子制度があったらいい!!

ネコの養子制度があったらいいと思います。
里親の資格は、50歳以上とかにして、高齢者から高齢者へネコの養子縁組をする。
「もし私が死んだら○○さん家に行くのだよ」とあらかじめ分かっていれば行く末を案じることなく、心おきなくネコと暮らせる。
ネコを飼いたい高齢者にとって、いつ自分が死ぬかも知れないのに無責任に飼えないと悩むこともなくなり、ネコの貰い手を増やすことにもなりそう。一挙両得。
  1. 2007/11/29(木) 23:48:51 |
  2. URL |
  3. ころちん #-
  4. [ 編集]

高齢者も動物と触れあいたい。スズメや野良猫にエサをやって、飼いたいのをガマンしている人もいる。
何かサポートするシステムができるといいなと思う。
  1. 2007/11/29(木) 08:48:11 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

近所にも95才のおじいさんが犬2匹猫1匹と暮らしていて、動物のおかげで元気にしておられます。でも・・犬猫の寿命とおじいさんの寿命にズレがあるので、心配です。

町内でおばあさんが残していった猫たちのエサやりトラブルが勃発して区役所保健所を巻き込んでの問題になっています。
前向きにこれからのこの地域での動物愛護問題として、いい解決を話し合いたいと思います。
もちろん、猫たちにとって。
人間にとっても「命の教育」実践編です。
  1. 2007/11/29(木) 08:03:39 |
  2. URL |
  3. しんちゃん #mQop/nM.
  4. [ 編集]

全く同感です。

私も本当にそう思います。
  1. 2007/11/28(水) 23:22:29 |
  2. URL |
  3. 次元 #-
  4. [ 編集]

ペットと人の高齢化問題

☆東京都でもその点を今後考えて行かなければならない課題、と位置づけてはいます。
ただ、やはり、受け入れるにはそれなりの施設が必要なわけで、そうなると実現はかなり難しい。それでもなにも検討されないよりはまし、なのかもしれません。
  1. 2007/11/28(水) 23:13:53 |
  2. URL |
  3. mog #bbNRTrkA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/983-78502197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。