地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

「帰り道」ミャーコと地域猫569

suigai 8

オッちゃんは土手を下流へ向かって歩いていた。
防災センターでは、自立支援施設に入ることを勧められたけれど、猫を手放すのは嫌だった。
レスキュー隊に「これで帰りなさい」と交通費を2000円もらった。
だけど服も汚れているし、猫も連れているから歩いて帰ることにした。

「神奈川県の動物愛護10ヶ年計画を考えるシンポジウム」10/21(日)かながわ労働プラザ2:00?

いつもポチッとありがとうbanner_031.gif

ブログ村ランキングはこちらにほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2007/10/17(水) 11:22:15|
  2. ミャーコと地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

このおっちゃんはかなりまとも。
ヒンすればドンするで、ついつい犯罪に手を染め、猫を残して別荘行きになったり、仕事が見つかり小屋を捨てて出て行くとき、寮やアパートに猫は置けねえと置き去りにしたり、災害や橋桁工事などで橋の下の住みかを失い、一人で新しい場所を探し移っていく。オレだってどうにもならねえ、おめえも達者でな、ってな具合。病気や怪我で食べていかれなくなれば福祉を頼るほか無くなるし、病気を放置し餓死した人さえ居るのです。人間の都合に翻弄される猫は多く、人と一緒に暮らした子がたくさん捨てられています。にっちもさっちも行かなくなると、悲しいことに人は猫を見捨てます。また、猫の方でも、食わしてもらえないろくでもない人間であればさっさと見切りをつけて食えるところへ流れて行き、運命を自分で切りひらく場合も。
河川敷ホームレス猫事情、それぞれに奥が深いです。
  1. 2007/10/20(土) 20:48:15 |
  2. URL |
  3. ひよしまるくん #-
  4. [ 編集]

オッちゃんの気持ち、よく分かります。
一緒に暮らした猫を手放すなんて事、出来る筈ないですよね!
  1. 2007/10/18(木) 22:49:08 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

減らそうという時に

船橋市では18年度の処分数が前年度を上回りました。成猫と子猫を分けた数字は出ていませんが、環境省が持っている過去のデータからすると自家繁殖させた子猫を持込んだ数が圧倒的だと推察します。「増えたら飼えないのなら不妊手術」の原則すら守る飼い主が少ないなんて!
そのような市で「野良猫から地域猫に」という意識が低いのは当然で、悪戦苦闘の日々です。堺市の方々のように寄付をもとに地域の猫にTNRを施す日はまだまだ先のことでしょう。地道に活動を続けるしかないですね。
毎回ふなばしニャンポジウムを告知してくださり、有難うございます。次回は今年最後のニャンポとなります。
  1. 2007/10/18(木) 00:33:55 |
  2. URL |
  3. ポテト #8hxfADVM
  4. [ 編集]

「10年かけて殺処分数を半分に減らそう」という国の課題です。
どうやったらいいか計画書を作るのが各自治体に出された宿題です。
みんなに意見を聞いて作らなくてはいけません。

意見を募集していることを知らない人がたくさんいます。
みんなに知らせるのもブログの役割です。


  1. 2007/10/17(水) 22:40:23 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

たくさんの都道府県で意見を募集しているのですね。
わたしは都の会議を傍聴したことがありますが、
実際に集まる意見がとても少ないです。
1件の意見がどれだけ大切か身に沁みてわかりました。
「意見がない=いまのままでいい」
住民が意見をいわなければ、実際にそういうことになっています。
それは行政の怠慢ではなく、住民の怠慢だということに、
わたしはやっと去年気づきました。
  1. 2007/10/17(水) 20:15:23 |
  2. URL |
  3. hana* #Fm2vrDZE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/942-20e766b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad