地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫ノミ戦記

nomi11.gif

寄生という言葉は一方的に利益を取られる場合を言う。ノミは猫に何も恩恵を与えない。血を吸われかゆみと病気をもらい、ただただ迷惑なだけの存在である。

猫はノミにどのように抵抗してきたかというと、舌のブラシで捕まえて飲み込んでしまう。ひたすらこれをやる。これ以外に抵抗する術を猫は知らないからだ。ウリザネ条虫という奴はこの戦いに乗じて猫の体に潜り込む。自分の卵をノミに食わせ、そのノミが猫に食われることで最終宿主に寄生する。ノミと猫の関係を知り抜いたしたたかな寄生虫といえる。

猫にノミが大量寄生しているとき、まず洗い落とすことを考える。実際にやってみるとシャンプーだけではノミがきれいに落ちないことがわかる。多くのノミが皮膚に食いついたまま気絶している。「ノミ取り櫛」で取れるのは大きなノミだけだ。乾くと後でノミはまた生き返る。
ではノミを殺してから洗う方がよく落ちるだろうと考える。「蚤取粉」とシャンプーを併用すればいい。そうやって「ノミ取りシャンプー」というものができてくる。

猫ノミ戦記に特筆すべき発明がいくつかある。
昭和50年代に登場した「バポナドッグバンド」 最初のノミ取り首輪だ。劇物扱いの強力な殺虫ガスを出すタイプで、とにかく効き目が強力だった。初期のノミ取り首輪はみな犬用として販売されている。犬は屋外で飼われているから人に対する影響が少ないだろうという理由だった。猫への使用は公認されていなかったが、現場では小さく切って猫にも使われていた。ノミはおもしろいように死んでボトボト落ちた。しかし生き残ったノミの子孫がやがて薬剤耐性を獲得してくるのである。

平成9年ごろに「プログラム」と「フロントライン」が登場してくる。「プログラム」は内服してノミの繁殖を止めるというアイディアで、薬剤耐性の問題をクリアした。ノミ対策初めてのIGR製剤である。「フロントライン」は最初スプレータイプで出た。安全性と持続性と殺虫力においてとにかく群を抜いていた。あとでスポットタイプが出てくるが、このアイディアはフロントラインが最初ではない。しかし信頼度の高い薬剤との組み合わせでノミ駆除薬の売り上げ独走を続けている。
ノミの薬剤耐性問題はいずれ来る。各メーカーはノミの繁殖を止めるIGR製剤と組み合わせた新製品を出して次の布石を打つ。

1日1クリックをよろしくお願いしますbanner_022.gif

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

  1. 2007/07/29(日) 20:21:43|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

とても良く効く薬は動物病院しか取り扱いができないのが現状です。
発売して何年か過ぎると同じ成分のゾロ品がたぶん出てくると思います。
薬局や量販店ではとても良く効く薬は取り扱いできないのが現状なんです。
  1. 2007/07/31(火) 19:09:18 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

フロントラインプラス、とても効果があって頼もしいです。
でも、猫1匹分1300円もします。

獣医さんでしか売っていませんがどこでも同じ値段です。
(獣医さんに行かない人も多いので薬の恩恵を受けていない子も沢山います)
これって独占禁止法違反のような気がします。
もっと競争があって安く手に入れば嬉しいです。
今は犬用の容量の多いのを猫数匹分として使用。
貴重品として使っています
  1. 2007/07/31(火) 08:39:57 |
  2. URL |
  3. しんちゃん #T4y3N25A
  4. [ 編集]

小さな子猫にも瓜実条虫が見つかることもあります。
感染経路には必ず中間宿主の昆虫がいます。月齢からすると授乳中にノミの死骸を飲み込んだことになりますね。ノミの死骸をなくせば感染はしません。
スポットタイプの条虫の薬は体重500グラムから使えます。

室内飼いの猫ならフロントラインプラス2回分でノミは完全にいなくなります。
  1. 2007/07/30(月) 19:39:40 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

数日前に里親さんのところに行った猫にもうりざね条虫がいました。
排便直後に見たからこそ、発見できたのでしょうが
時間が経過すると便の中に隠れてしまうのでしょうか?
猫砂の中に隠れていたのか?
トイレは全取替えが必要ですか??

里子に出す前に駆虫薬を飲ませようと、慌てて病院に足を運ぶと
飲み薬なのかと思っていたら、フロントラインのように首筋に滴下するお薬と
フロントラインプラスを2本出されました。
な~るほど!そういうことだったのですね。
いつもありがとうございます。
  1. 2007/07/30(月) 14:24:57 |
  2. URL |
  3. と・ろ・ろ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/854-f5ca04a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。