FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

「ライオンさんと子猫」さびしいライオン50

在りし日のライオンさんに抱かれる子猫
2005052601.jpg


ライオンさんのモデルになっているYさんは今年1月天に召されました。いろいろなエピソードがまだあるのですが、最期の悲しい場面を描く筆がどうしても進まなくなりました。
ここで絵筆は置かせていただきます。

病んでいるとき見に行ったことがあります。一昨年の12月の寒い日でした。森の奥で小屋もなく猫を抱いて暖をとっていました。
足の血管が破裂して歩けないのだと言っていました。
私には医者に診せていると言っていましたが、どうもウソだったようです。
猫は医者にかけるのに、自分は頑として医者にかかろうとしなかったみたいです。
冬は越せないかも知れないと心配しましたが、春に傷は癒えてまた元気になりました。
秋風の吹くころから顔が少しむくみ始め、心臓か腎臓が悪いのだろうと感じました。
最後にあったのは暮れでした。そのときもしきりと子猫の病気の事を心配していました。

「オレは猫たちに囲まれて死ねたら本望だ。」
いつもそう言っていました。
訃報を聞いたのは年が明けて1週間たったころでした。


地域猫を広めるために1日1回クリックを
banner_02.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/17(木) 19:22:04|
  2. さびしいライオン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

コメント

野良猫に心を費やす人は同じような弱者であることが多いです。
時には気弱であるがゆえに苦情を言う住民から身を隠し、
怒りの矛先は姿を見せないエサやりから目の前の猫に向けられ、
事態がさらに悪化するケースも多いと思います。
そんな中で堂々と雄雄しく吠える事のできる人は希少であり、
ライオンさんはその一人であったと思います。
自分の生活を投げ出してまでも。
私は自分の生活を守りながら細々とTNR活動を続けるのが精一杯です。
最後まで見届けられないのは少し残念ですが、筆が進まないのも痛いほど察します。
しかしこれからもずっと見ています。
ライオンさんは私の憧れです。
  1. 2007/05/24(木) 00:14:40 |
  2. URL |
  3. まいづる #B2AaVS/o
  4. [ 編集]

モデルがいらしたのですね。
ご冥福をお祈りいたします。
ライオンさんの足下にも及びませんが
できることからこつこつと・・・・・。
合掌
  1. 2007/05/21(月) 16:40:25 |
  2. URL |
  3. eito #MlQgtKFg
  4. [ 編集]

店先のPCでこの記事を読みました。
涙が止まらず、目が真っ赤です・・・

そうだったのですか。
治る見込みのない病だと知って、
入院ともなると、猫とも離れ離れになるから
あえて診察を受けなかったのでしょうね。
ライオンさんに守られてきた猫たち。
幸せな時間をライオンさんと共有していたことでしょう。

ライオンさんも今ごろ天国で健康な身体を取り戻して
きっと猫たちに囲まれ微笑んでいますね。
  1. 2007/05/20(日) 11:40:07 |
  2. URL |
  3. と・ろ・ろ #-
  4. [ 編集]

ライオンさんのご冥福を祈らせていただきます。
きっと…今頃は天国で可愛がっていた猫達に
囲まれて穏やかな日々を送っていると思います。

自分のことよりも猫達のことを心配していたライオンさん…
その思いは誰にも負けない本当の「愛」だったんですね…
何だか…胸が熱くなりました(合掌)
  1. 2007/05/19(土) 19:57:11 |
  2. URL |
  3. 猫ママ #cxxU/Yl2
  4. [ 編集]

きっと家はなくともライオンのように気高く生きた
優しい方だったのでしょう。
ありがとう、ライオンさん。
そんな人がいたことを教えてくれた
ちゃま坊さん、ありがとう。
  1. 2007/05/18(金) 22:20:12 |
  2. URL |
  3. なごみ #-
  4. [ 編集]

ただただご冥福をお祈りいたします

猫のために戦いつづけたYさんの姿は雄雄しく頼もしいライオンのように見えたことでしょう。。。
ライオンさんのモデルとなったYさんのご冥福をお祈りいたします。
いい人ほど早くこの世を去ってしまう、そんな気がしますね。
  1. 2007/05/18(金) 21:12:25 |
  2. URL |
  3. しろくさ #2DdjN05.
  4. [ 編集]

ライオンさんに最初にあったとき近所の普通のおじさんだと思っていました。
家がなくて森に住んでいるのを知ったのは後になってからです。
身なりもキチンとしているし、話好きで知人も多く、みんなから信頼されていました。
空き缶集めとかしなくても、いろいろ仕事があったようです。
そのお金を猫に使っていました。
どうして家がなくなったかのかは聞いていません。
話を聞くと羽振りの良い時代もあったようです。
かなり博識でした。
ひとりの人間の生き様を、記録に残しておきたいと描き始めました。
最後まで描けずに残念ですが、こういう人間がいたということを、誰かに伝えたかったのです。
  1. 2007/05/18(金) 19:36:07 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #-
  4. [ 編集]

悲しいです。
  1. 2007/05/18(金) 19:02:37 |
  2. URL |
  3. らいおんますみ。 #XCPsg1G.
  4. [ 編集]

モデルの方がいらしたのですね。
Yさんのライオンさんほんとうにありがとうございました。
虹の橋に天使になった猫ちゃんたちが迎えにきてくれて
天国で猫ちゃんに囲まれて幸せに暮らしてられますね。
どうぞ他のみんにゃんをお守りください。合掌。
  1. 2007/05/18(金) 14:02:58 |
  2. URL |
  3. シマクロクマ #-
  4. [ 編集]

ライオンさん。ありがとう

どうぞ、猫達を見守ってください。
  1. 2007/05/18(金) 10:43:31 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

モデルがいたのですね。
  1. 2007/05/18(金) 01:21:17 |
  2. URL |
  3. エム #-
  4. [ 編集]

いつも見に来ています。ライオンさんにはモデルが居たのですね。虹の橋で先に行っている猫さんたちと再会できているのでしょうね。我が家も外猫と内猫の格差解消のために立ち回っていますが正直どうしていいか分からなくときがあります。そんなに大したことは出来ていませんが。そんな時こちらのブログを覗きに来ると、まだまだ出来ることがあるのだなっと元気が出ます!ではまた!!
  1. 2007/05/18(金) 00:08:32 |
  2. URL |
  3. 次元 #-
  4. [ 編集]

ライオンさんにモデルの方がいるとは知りませんでした。
悲しいです。

合掌。
  1. 2007/05/17(木) 22:42:01 |
  2. URL |
  3. メイママ #-
  4. [ 編集]

ただ合掌。
すてきなライオンさん、たくさんの猫に囲まれて
いま、しあわせに暮らしていることでしょう。

不幸な猫がなくせるよう、天国から力を与えてください!!
  1. 2007/05/17(木) 21:11:19 |
  2. URL |
  3. ころちん #-
  4. [ 編集]

ライオンさんこと、Yさんのご冥福を心から
お祈りいたしております。

今日の記事、読んで泣けてしまいました・・・
ライオンさん、きっとしんどかったでしょうね、
ライオンさんより先に逝った猫たちが
虹の橋で待っててくれたでしょうね。

ライオンさん、ありがとう。
  1. 2007/05/17(木) 20:43:35 |
  2. URL |
  3. なおちゃん@もも組 #vJ5On1Uc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/788-ffc896ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)