FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

子猫殺し

「子猫殺し」と題する記事が本日の日本経済新聞夕刊(2006年8月18日、15面「夕&Eye」プロムナード)に掲載されている。作家、坂東眞砂子氏の文章だ。

冒頭に
「こんな事書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。」と書いている。
だから糾弾してあげなければいけない。

坂東氏はタヒチ島に住んでいるようだ。日本の法律は知らないのかもしれない。
まず作者が子猫をどうやって殺しているのかを説明している。
そして、避妊手術を選択しない理論が展開されていく。
作者は手術より子猫殺しの方を選んだ理由が続く。

さて、何を言っても言論は自由であるが、大新聞となればいくつかの審査はあるだろう。
日本の動物愛護法に触れるような行為を教唆するような記事はどうだろうか。
編集者も糾弾を覚悟しているのだろうか。

  1. 2006/08/18(金) 21:11:18|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:39

コメント

この坂東とかいう作家、考えすぎだよ。考えすぎて既に狂気だな。
飼い猫殺しに正当性は無いよ。当たり前の感覚が麻痺してるね。
日経の担当者も中立の立場でいるつもりなんだろうが、この作家と五十歩百歩だね。変な理屈を考えすぎだよ。
  1. 2008/09/04(木) 23:26:53 |
  2. URL |
  3. hama #USldnCAg
  4. [ 編集]

才能?

「直木賞」というどうでもいいものに目くらましになってる人もまた可笑しいですよ。(文学賞殺人事件という大笑い映画を見た方はいませんか?)

一人のおばさんが犬や猫を殺している。
ただそれだけです。

誰も命あるものを殺すのは許されません。
命は自分のものじゃありません。
お預かりしているものです。
大事にしましょう。

その駄文が喩え嘘であっても、そういうことを語ること自体狂っています。
  1. 2006/08/26(土) 21:18:20 |
  2. URL |
  3. クロマル #-
  4. [ 編集]

おそらく日経社員の中にも迷惑だと反感もっている方もいるでしょう。
タヒチも観光業界はイメージダウンで迷惑を被っているでしょう。
捨て猫減らす努力をしている環境省も渋い顔です。
地域猫の推進に努力している人々にもマイナス記事です。
あの作家、才能はあるかもしれないが、ホラー小説の枠からはみ出してコラムなんぞを書いたのが間違いです。
それを見抜けなかった日経の文芸部が最大の過失です。
この騒動、いろんな人たちが間接的に迷惑を受けたことになります。
タヒチの観光客が減ったら、日経に損害賠償請求すべきです。
  1. 2006/08/26(土) 19:31:08 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

初めまして

初めまして、こんにちは。時々訪問させていただいております、まにゃーなと申します。
昨日TBさせていただきましたが、ご挨拶が遅くなりまして申し訳ありません。m(_ _)m

みなさんのご意見をざっと読ませていただくと、日経の媒体責任についてのコメントがいくつかありますね。私もソレらには同感です。
坂東眞砂子さんの人間性については正直ヨクワカラナイですが(;^_^A作品は結構好きです(といっても3作品しか読んだことないですが)。
そーゆーこともあり、残念でなりません。
また、坂東さんは今回の件で「タヒチでは動物虐待が当たり前のように行われている」とゆー先入観を日本人に植え付けと思います。
  1. 2006/08/26(土) 18:52:21 |
  2. URL |
  3. まにゃーな #qcPysqvc
  4. [ 編集]

心を癒しましょう

昔の広告

『死ぬのが怖いから飼わないなんて言わないで欲しい』
おうちを汚すから飼わないというなら、
犬はお行儀を身につけることでできる。
留守がちだから飼わないというなら、
犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力するかもしれない。
貧乏だから飼わないというなら、
犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。
だけど、、、、死ぬのがこわいからといわれたら、
犬はもうお手上げだ。
全ての犬は永遠じゃない。
いつかはいなくなる。
でもそれまでは、すごく生きている。
すごく生きているよ。
だぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、
飼い主たちは、大変であつくるしくって、
幸せな時間を共有しているはず。
飼いたいけど飼わないという人がいたら、
伝えて欲しい。犬たちは、
あなたを悲しませるためにやっては来ない。
あなたを微笑ませるためだけにやってくるのだと。
どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を
預かってみるのは、人に与えられた、
素朴であって高尚な楽しみでありますよ、と。
【日本ペットフード広告から】

このような考え方が出来る人が増えるといいですね。
  1. 2006/08/25(金) 19:13:11 |
  2. URL |
  3. non-name #a1Tdym9g
  4. [ 編集]

どうぞ、といわれました

☆長年、高いのに日経を取ってきました。
 昨日返信を要望したのにメールが来ないので電話したところ、担当は休みなので、『人間が死ぬ』以外は担当が帰ってくるまでそのまま放置しているとの事、サブもいるが『緊急性』のないものはやはりそのまま、ためておくとの事でした。
 そして購読やめます、といったら『どうぞ』と言われました。
 日本で経済紙は一紙だけ。
 絶対につぶれない、という自信なんでしょう。
 まずい、なんて考え、ないですよ。
  1. 2006/08/25(金) 10:40:50 |
  2. URL |
  3. mog #60d8IDCs
  4. [ 編集]

ちゃま坊さん、こんにちは。
りぷりぷさんとこで教えてもらいました。
あのね、何度かTBいれたんだけど入らなかったの・・・ご挨拶がおそくなっちゃってごめんなさい。m(_ _)m
日経の人がまずいって思うのってちゃま坊さんの↑が一番だね。
  1. 2006/08/24(木) 19:06:29 |
  2. URL |
  3. Gavi #96F4sMf2
  4. [ 編集]

ちゃま坊さんに一票!!
>しかし私は、杜会に対する責任として、問題のあるホラー作家>消滅を選択した。
>ほんとうに猫を愛する人々のためにも。
>捨て猫と保健所の処分をを減らすために、長年努力してきた>人々のためにも。
同感です

毎日新聞に出ましたよ!http://www.dearkogenta.com/tengokuaug06/tengoku.cgi?sch=%5B1777%5D
  1. 2006/08/24(木) 09:00:58 |
  2. URL |
  3. mimi #JalddpaA
  4. [ 編集]

子猫殺し擁護の日経

「もしもし、そちら子猫殺しの日経ですか?」
「いいえ、こちら子猫殺し擁護の日経です。正しくは、子猫殺しホラー作家擁護の日本経済新聞社です。」
「略したら子猫殺しの日経じゃないか。」
「略さないで下さい。」
「なら子猫殺し擁護の日経さん・・・」
「はい、なんでしょう?」
「子猫殺しホラー作家のコラムはまだ続けるつもりですか?」
「もちろんですよ。言論の自由ですから。」
「なら子猫殺し擁護の日経さん・・・」
「はい、なんでしょう?」
「子猫殺し擁護の日経新聞の購読やめます。」
  1. 2006/08/24(木) 08:20:42 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

こんなことを書いたら、新聞社やホラー作家にどんなに糾弾されるかわかっている。承知で打ち明けるが、私は夢の中でホラー作家を殺している。
 家の裏の崖の下がちょうど空地になっているので、そこに放り投げるのである。草ぼうぽうの空地や山林が広がり、そこは野良猫、野良犬、野鼠などの死骸がごろごろしている。ホラー作家の死骸がひとつ増えたとて、環境に被害は及ぽさない。自然に還るだけだ。
 日本では、ホラー作家はわんさかいる。盛リのついたホラー作家はセックスして、子供を産みたいというだろう。
 私は、これに異を唱えるものではない。
 しかし私は、杜会に対する責任として、問題のあるホラー作家消滅を選択した。
ほんとうに猫を愛する人々のためにも。
捨て猫と保健所の処分をを減らすために、長年努力してきた人々のためにも。
  1. 2006/08/23(水) 09:00:23 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

今日記事を読み、日経に対し、なぜこのような下劣な行いを自己陶酔のまま公表した作家の記事を載せたのか、新聞社としての考えを聞きたくて問い合わせメールを送りました。
返事はくるのかどうか分かりません。
ですが、どれだけ不快に思うか、その声は一人でも多く届けたほういいと思うのです。

ちゃま坊さんをはじめ、多くの人が不幸な犬猫、その他の動物たちを減らそうと努力している傍らで、未だ、この現代社会に生きる同じ日本人でもこんな下劣な行いをする人間、気づいていない人間がいるんですね。

  1. 2006/08/23(水) 00:22:44 |
  2. URL |
  3. 福の母 #-
  4. [ 編集]

板東よ 「猫の神様」はこわいで~
「おまけ」も「おつり」もないで~
  1. 2006/08/22(火) 07:04:00 |
  2. URL |
  3. 虹の橋 #z1uogJ6Q
  4. [ 編集]

はじめまして。
いつも更新楽しみに拝見させていただいています。

あまりにも恐ろしいコラムで言葉を初見では失いましたよ。
感想は自ブログにも書きました。
たくさんの人に知ってもらい、筆者と掲載紙が厳しく糾弾されればいいと思います。
  1. 2006/08/21(月) 23:22:20 |
  2. URL |
  3. poechi #xPwyDed.
  4. [ 編集]

日経新聞掲載の板東眞砂子のエッセイの全文を今日読みました。気分が悪くなりました。なんども、なんども読みかえしましたが、感性の反発を抜きにしても、当人の言うところの「子猫殺しの正当性」が見えてこない。さらに、繰り返して読んでみる。
で、思った。この話はなんら論理的な整合性も、猫に対する愛情の一片もないのだと。 「愛玩」「獣」ばかりが文面にでてくる。
見えてくるものは、だだおぞましいばかりの「性」への執着とその結実たる「生命」の軽視。
結びの「(子猫殺しの)痛み、悲しみも引き受けて」というのなら、一度、さんざん子猫を投げ捨てた断崖に自分も投げてみたら、と思いました。
こんな、気分の悪くなるような駄文を掲載する日本経済新聞には、しっかりと抗議せねばなりませんね。焼きをいれてやりましよう。
  1. 2006/08/21(月) 22:13:33 |
  2. URL |
  3. I-beDo/みこぱぱ #-
  4. [ 編集]

坂東眞砂子のいい加減さ…読みました。
ほんとに馬鹿じゃないの!!…って叫びました~(大馬鹿だ~)

実は私は、この作家の本(ホラーです)を買ってました…3冊ほどです。
中身は、結構、恐いんですが、やはり「性」の描写も凄いんです。
多分、この方は、「女」そのものなんでしょうね。
それは、それで何の問題もないんですが、猫とか他の動物にも絶対に
関わって欲しくないです!! 何で猫を人間の女と同じ性(さが)だと
思うんだろう…人間は産む為のセックスだけではなく快楽の為にも
やりますが(済みません、下品で…)猫も同じだと思わないで欲しい。
猫は子孫を残す為の行為であり、従って、猫が迷惑だと思うというなら
不妊も子猫殺しも、どちらも嫌だというでしょうね。

突き詰めれば、どうしてもやらなければならない時は、子猫殺しは
やめてくれと言うのではないでしょうか。
少なくとも、産んだばかりで取り上げられることは母猫にとって非常に
残酷な行為だということは知ってほしいです。
お腹の中で何日か育て、挙句の果てに殺されるんでは、それでは
最初から産ませないでくれ!!…って私だったら言いますね!

それにしても、あまりにも無知で利己的なんで、笑ってしまいます。
これからは、絶対に本を買いません!!
  1. 2006/08/21(月) 20:05:45 |
  2. URL |
  3. 猫ママ #cxxU/Yl2
  4. [ 編集]

お外のニャンコのことで以前コメントさせてもらった事あります。
その後は、ロム専でしたが
今回の記事には足跡残していきます。

日経の記事まだ読んでないのですが
ちゃま坊さまや検索してだいたいの内容わかります。
坂東氏の考え全く理解できません。。。。
mimiさんのコメントで子猫だけでなく子犬も同様に・・・にも衝撃を受けてしまいました。
いったい今までどのくらいの子達が犠牲になったのだろうか
それを考えると胸がしめつけられます。
価値観は人それぞれだけど
でも・・・でもこの価値観には納得できそうにありません。
そしてこれを掲載した新聞社にも。。。
日経って一般家庭ではなかなか読まないので
愛犬家愛猫家の皆さまの目に止まりにくいと思います。
私もちゃま坊さんの記事を読むまで全く知りませんでした。
今週中に直接新聞を手に入れるか
図書館に行って記事を探したいと思います。
まだ記事をちゃんと読んでないのできちんと読んだうえで
自分のブログでも取り上げてみようと思います。
タヒチの動物保護の法律はどうなっているのでしょうか・・・
  1. 2006/08/21(月) 02:00:50 |
  2. URL |
  3. みい #xN7Za8Hk
  4. [ 編集]

こんなことを曲がりなりにも文化人といわれる人が2度も書き、
こんなことを大新聞が載せるなんて…。
自分たちの影響力を知らないわけがないでしょうに。
そんなに糾弾してほしいなら動物保護団体のSPCAや、
もっと過激なPETAにでも通報してさしあげましょうか。
SPCAはタヒチにもあるみたいです。
日本は外圧に弱いから日経もPETAの言うことなら聞くかもしれません。
訳して送ってみようかな。
  1. 2006/08/21(月) 01:40:50 |
  2. URL |
  3. かぼちゃ #fdztMekM
  4. [ 編集]

坂東氏の意見は全くの矛盾と自己弁護に満ちているのは間違いありませんが、上記でmimiさんが書かれていらっしゃる、
(子犬殺しの件で日経に抗議文を送ったばかり・・・)という処であきれ果てました。

坂東氏がおかしいとしても、その何倍もの数の方々が日経にいて、記事のチェックもされてる訳ですから。
日経という新聞社、、、変です!

蛇足ですが、この件をメディアが取り上げ、坂東氏の著書の売れ行きが促進・・・なんて事のないことを切に願ってしまいます。
(取り越し苦労??)
  1. 2006/08/21(月) 00:26:48 |
  2. URL |
  3. ハッチー #KKFL3aNE
  4. [ 編集]

偶然参加させていただきました

偶然、こちらのサイトを見つけました。

読んでびっくりしました。

坂東眞砂子氏が今後、日本に帰って暮らし始めたら、見張っていて、仔猫殺しをしょっ引かないといけません。

彼女であれば、異国に飼い犬・飼い猫を置き去りにしてくるかも知れませんが・・・
  1. 2006/08/21(月) 00:23:22 |
  2. URL |
  3. あくび猫 #0ib9Xgjs
  4. [ 編集]

当該記事を読んでなくて申し訳ありません、
どうして「親猫」を主体に考えるんでしょうね?
「子猫は殺されたくなんかないはず」


》自分に苦しみ悲しみの伴う後者を選んだ。

悲しみはどうか分かりませんが、
苦しみが伴うのは”自分”(飼主)ではなく殺される子猫でしょうに?

大新聞には せめて日本語を正しく掲載してもらいたいものです。
ご紹介ありがとうございます。
  1. 2006/08/20(日) 21:30:43 |
  2. URL |
  3. JAMANEKO #PduJh7xY
  4. [ 編集]

坂東氏の価値観はどうでも良い事ですが、一般人に比べ影響力があるであろう著名人の記事として全国紙である日経がこのような内容のものを掲載する事が大問題だと思います。猫(獣?ヤマネコなら獣かも知れませんがイエネコは?)を飼育する上で社会に対する責任をはたすには避妊去勢か子猫殺しの何れかしか無く、その方が飼い猫が妊娠出産出来るのでより自然の摂理に則してる。だから私は安易な避妊去勢ではなく、自分に苦しみ悲しみの伴う後者を選んだ。 彼女が思う高尚な行為は日本ではれっきとした犯罪行為であり、記事は読者に誤解をあたえそれを助長(模倣)する可能性をはらんでいると思うのです。聞きたくも無い犯罪が繰り返されている今の世の中で彼女の言う獣を何かに置き換えられて... この先は想像もしたくありません。あえて言えばこの記事での良い面は動物に対する知識がある一定以上の人々にこの問題を喚起させる事だけで、その何倍もの悪影響が生まれてしまう可能性があります。日経は何を伝えたかったのか?何も考えていないから掲載してしまったのか? 坂東氏に対しては「小説活動に専念されたらいかがでしょう?芸術家は私生活を明かさない方が良いですよ。」とでも助言しておきたい。
  1. 2006/08/20(日) 14:28:13 |
  2. URL |
  3. oyaji #-
  4. [ 編集]

今マンガで描いている場面がそうなんです。
不妊手術をしない理論をいろいろ言うオヤジです。
世の中にそういう人間がいることはわかっています。

マスコミという大舞台を与えられた人間の中にもいるということです。

問題は舞台を用意した新聞社の良識です。
捨て猫や動物虐待を減らすために、行政も努力しているのです。
一部の動物愛護家がヒステリックに言っていることではないのです。

私の心の中で、日本経済新聞に「子猫殺し」のレッテルが貼られました。改心してほしいものです。



  1. 2006/08/20(日) 13:40:58 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #-
  4. [ 編集]

昨日図書館にて新聞の閲覧をしてきました。板東氏の論理「猫は避妊手術なんか受けたくないはず、だから産ませてあげて子猫を殺す」は全く理解不能です。おそらくちゃま坊さんのブログにやってくる皆さんのほとんどが不愉快になる文章かと思います。
  1. 2006/08/20(日) 12:45:12 |
  2. URL |
  3. ぴよた #0f8TWzyY
  4. [ 編集]

はじめまして。
件の記事を読んだ時「なにを言っているかわからない」と思った者です。
ちょうど猫の里親を捜しまわり全部の猫のもらい先が決まったばかりの時に、この記事を読んだからかもしれません。
人間の力は案外小さいです。
目の前にいる子猫達、たかが6匹の命をまっとうさせてやるだけの力も協力していただかなくちゃ出せません。
そんな中で読みました。頭がぐちゃぐちゃになる思いでした。

新聞というのはフェアなものですね。
そんな意見すらとりあげてくれるんですから・・・。

自分の価値観に不安を感じていたところですが、ちゃま坊さまの冷静な言葉にちょっと救われました。
  1. 2006/08/20(日) 10:17:26 |
  2. URL |
  3. ひなた #-
  4. [ 編集]

え?
先日 確か7月終わりのコラムで坂東眞砂子氏は自分の犬を3匹放し飼いにして不妊をせずに、特に雑種の犬には犬小屋も与えずに子が産まれたら始末していると書いて、私や私の友人が日経に抗議文を送ったばかりなんですよ

日経もいい加減 どうかしてます!!
  1. 2006/08/20(日) 10:16:53 |
  2. URL |
  3. mimi #-
  4. [ 編集]

その人は心に深い病を持っているのでしょう。

生き物を殺した人は懺悔以外では言葉にすることをためらうのが同じ生を享けた人間としての当たり前の心のありようです。

哀れな人ですね。

紹介された文を読むだけで、私を早く地獄に堕して!という悲鳴が聴こえてきます。

彼女の為に祈ってあげましょう。罪深い叫びではありますが。
  1. 2006/08/20(日) 08:17:58 |
  2. URL |
  3. クロマル #-
  4. [ 編集]

偶然、会社でその記事を目にしました。表題が「子猫殺し」(たぶん・・・)とあったので、驚いて読み始めたのですが、数行読んで読むのを止めました。読むに耐えないと思ったからです。やはり、内容的に新聞掲載するようなものではなかったと考えます。
  1. 2006/08/20(日) 01:36:35 |
  2. URL |
  3. メイママ #-
  4. [ 編集]

猫が増えて困るから殺す?
でも地球上で一番増えて地球を蝕んでいるのは人間です。
なら人間も人間の手で駆除して行くのでしょうか?
人間は知恵を使って増えないように工夫しますよね?
それを猫にしているのが不妊な訳です。
(新聞社に向かってしゃべっているつもりです)
どう考えても本能の性を残して命を生まれさせ、残酷に殺す事は
理にかなっていない。

どんな人にも普通にわかる事がどうしてこの作家と新聞社には
わからなかったのでしょうか?
コラムなどは何か提起する事があって載せるものでしょうが、
このコラムが提起した事は「命を粗末に考える馬鹿をみんなで糾弾しよう」
だけです。報道がする事でしょうか?レベルが低すぎます。
  1. 2006/08/20(日) 01:08:31 |
  2. URL |
  3. るん #-
  4. [ 編集]

ホラー小説のイメージ喚起にしてるんでしょうか。
死んだ子どもを呪術でよみがえらせて、どろどろなのを沼から引っ張り出したりしてましたね。
生んでいる猫の性=生は守るべきで、結果生まれた子猫は殺していいというのが破綻していますね。
今ひざに子猫がいます。お寺に捨てられていた猫たちが産みました。捕獲が間に合わずに手術前に生まれていた子です。
でも水子にしなくてよかったとほっとしてはいるのです。噛まれた指が痛いけど、ノミに肝をつぶしたけども。
多くの人で協力して生かそう生かそうとしています。
この子はごみじゃないんです。他の子もそうです。
  1. 2006/08/20(日) 00:46:52 |
  2. URL |
  3. 紗枝 #-
  4. [ 編集]

ちゃま坊様、ずいぶん前になりますが、野良の迷い子猫を保護する際にアドバイスをいただいた者です。その節はお世話になりました。

まずはとにかく新聞を読んでみます。
そして、新聞社には1個人の意見として届けたいと思います。
冷静に、冷静に。
今時、堂々と「子猫殺し」と原稿に書くなんて、文明社会に生きる人間として全く理解できません。

私はこの作家さんの本を読んだことがないのでどういう方なのか分かりませんが、新聞を読んだ上でしっかりと新聞社には意見します。
教えてくださりありがとうございます。
こういうことはひとつひとつ、みんなの声で潰していきましょう!!
  1. 2006/08/20(日) 00:13:04 |
  2. URL |
  3. 福の母 #-
  4. [ 編集]

以前から日経という会社には問題が有るとは思っていましたが、インサイダーがらみなどの金にまつわる事件が主でした。
関係者の処分も好い加減でしたので、これで大丈夫なんだろうかと不思議でした。

今回は単なる拝金主義から来るものでは無くて、社内でのモラルが完全に破壊されている状況が表に出てしまった様に思えて怖くなりました。
  1. 2006/08/19(土) 21:59:31 |
  2. URL |
  3. ネコボラ #-
  4. [ 編集]

はじめましてちゃま坊さん。いつもROMりつつポチさせていただいてます。
『増えた分は海に投棄してます』てだけですよね、この行為。
命が云々~とか置いといても、どこに正当性があるのか?新聞に載せて知らしめる意味は?
ゲスの勘ぐりですが、「悲しいけど殺す」って行為に自己陶酔してんじゃないかとか思ってしまいました。
それほどに理解不能です。
(長文だったので前のコメントは消しました)
  1. 2006/08/19(土) 14:22:07 |
  2. URL |
  3. sakazi #JalddpaA
  4. [ 編集]

いつも楽しみに読ませていただいてます。

昨日の夜、記事を拝見しまして
読みました。
坂東さんもおかしいけど、日経もどうなんだか?と
思いました。
抗議というか、声を上げねばいけないなと思います。
  1. 2006/08/19(土) 14:05:28 |
  2. URL |
  3. りぷりぷ #-
  4. [ 編集]

先ほど近所の日経の販売店に行って余ってるというので購入出来ました。坂東氏の言われる事で理解出来る部分もありますが、避妊せず子猫を産ませその子を育てるという事も出来るだろうし、もしくは避妊せずとも(子猫を育てられないなら)妊娠させない配慮だって出来ると思います。他の生き物の「生」に人間が介入出来るのか?という部分には私自身も明確な答えは持ちえません。しかし「飼い猫の生=性を奪う行為。避妊去勢」と「子猫を殺す」を同等に断言している所が甚だ疑問に思いますし、彼女は「飼い猫の生を選ぶ>社会に対する責任として子猫を殺す」を選んだと文で結んでますが、そこは社会に対する責任ではなく「自分の都合」だと強く言いたいです。いまの世の中ではテーマその物が問題だろうし、最後の部分で責任転嫁したり「悲しみ云々」...  作者はもちろんだが日経もどうかしてると思います。
  1. 2006/08/19(土) 10:09:20 |
  2. URL |
  3. レイちゃんの相方 #-
  4. [ 編集]

ちゃま坊さま、こんにちは。
いつも楽しみに見せて頂いております。

坂東氏の文章、未読ですが、、、
ちゃま坊さまのレスと簡単な紹介記事だけでも
充分、想像がつきます。

坂東氏の文章はもともと嫌いでした。
一時、映画化されて話題になった本も
読んだけど、ただ気持ち悪いだけ。
何がいいのかさっぱりわからなかったです。

今回のこの件でますます嫌いになりました。
そして、こんな記事をのうのうと掲載してしまう、
日本経済新聞社にも嫌悪感を頂きました。

新聞にしろ、テレビにしろ
多くの人々が見るものであって
その影響力は、計り知れないものであります。
高名であろう、作家がこのような日本においては
法律に触れるであろう記事を書き、また
それを掲載してしまうあさはかさ、
断じて許すことはできません。
抗議したいと思います。
  1. 2006/08/19(土) 09:26:17 |
  2. URL |
  3. なおちゃん@もも組 #vJ5On1Uc
  4. [ 編集]

アテネの地域猫

私はギリシャに住んでいます。アテネのプラカという旧市街には野良猫がたくさん住んでいます。散歩していると猫とすれ違ったりします。また遺跡の中にも住んでいます。
猫を駆除する考えはなんだか嫌ですね。生まれてしまったものは殺せません。人間の都合で考えているとしたら、傲慢だと思います。
猫が塀の上や屋根の上を歩いている風景は心が和みます。
私はほぼ毎日、ノラちゃんたちに、えさと水などを運んでいます。
私以外に猫を助けている人たちとたくさんいることに気が付きました。


  1. 2006/08/19(土) 08:14:23 |
  2. URL |
  3. agapi #DDJALrL2
  4. [ 編集]

記事全部をここに公開することはできませんので、会社や図書館などでお読み下さい。

世界中どこでも、増えすぎた猫と人間の共存はむずかしいようですね。医療がなかった時代は、子猫を川へ捨てるしか方法はなかったのかもしれません。

作者の選んだのは、現代の不妊手術による繁殖制限ではなく、崖から投げ落とすというやり方。

どのような死に様をするか想像できます。
即死を免れてもカラスや獣に食われ、傷つき動けなくなった体にウジがわき、苦しみながら死を迎える・・・



  1. 2006/08/19(土) 08:13:05 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #-
  4. [ 編集]

手術と猫殺しは二者択一の問題なんでしょうか。
避妊を否定するところは分かりますが、なぜ猫殺しを肯定することになるんでしょうかね。
他に選択肢は有ると思うのですが。
  1. 2006/08/19(土) 01:18:59 |
  2. URL |
  3. ネコボラ #-
  4. [ 編集]

もっと教えて下さい

文が少し抽象的で、わかりづらいです。
どうか詳しい内容をお知らせ下さい。

手術より子猫殺しの方を選んだ理由って何でしょうか?
  1. 2006/08/19(土) 00:54:54 |
  2. URL |
  3. r #jSBoJ0Ww
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/515-e5f7de13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本経済新聞と坂東眞砂子

 「のらねこ学入門」のちゃま坊さんのブログ「地域猫の作り方」(↓)で知ったのだが。http://noranekogaku.blog8.fc2.com/
  1. 2006/08/22(火) 13:49:58 |
  2. のろ松の野良猫ロック

子猫を殺しちゃいけないよ!

りぷりぷおねえちゃんとこで先週こんなこと教えてもらったんだ。 日経の19日の夕刊
  1. 2006/08/24(木) 18:54:27 |
  2. キャンプ猫GAVI