FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

もしかすると里親募集

moshikashitekiji.jpg

公園に出現した別の子猫を「マンサク猫」さんが偶然に捕獲した。
人間に対する警戒心が強く、威嚇と猫パンチが激しい。とてもさわることができない。
母猫からしっかりと野良猫教育を受けてきているようである。
軽い結膜炎はあったが、一般状態はとても良い。
体重1.4キログラムメス。推定2ヶ月半。
この気性では里親募集はむりであろう。

公園猫のお世話係グループには暗黙のルールがある。
「病気などでどうしても保護しなければならない猫が必ず出るので、健康な猫は不妊手術をしてリリースする。」すべてを抱えてしまうと、多頭飼育の崩壊につながるからだ。
この子はたぶんリリース組に入るのだろう。

結膜炎だけ治療して放してやり、大きくなってから再捕獲して不妊手術をする計画であった。しかし一度リリースした猫が再捕獲できる保証はない。捕まえられずに出産されてしまう可能性もある。
そこで今回は早期不妊手術に踏み切った。
子猫の術後の回復はとても早く、経過はたいへん順調である。

退院を待っているときに、他の猫ボランティアさんの目にとまった。
「子猫なんだから、自分が馴らして、里親募集やってみたい。」
そう申し出があった。

そんなわけで、現在その猫ボラさんの家にいる。
1?2週間で馴れてくれれば、里親募集をする。ダメならば公園猫として暮らしてもらう。どちらになるかは微妙なところだ。
野良の子猫が増えませんようにポチッとお願いbanner_02.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2006/06/27(火) 20:59:23|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

この状態の子猫を捕獲して悩む人は多くいますね。
そんなとき
早期不妊手術という選択肢があると、だいぶ助かるはずです。
  1. 2006/06/28(水) 11:04:24 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #-
  4. [ 編集]

おっ!
早期手術ですか!
術後順調とのこと、おめでとうございます。

もっともっと普及するといいですね。
  1. 2006/06/28(水) 10:14:22 |
  2. URL |
  3. J+AMANEKO #PduJh7xY
  4. [ 編集]

大丈夫だと思いますけど

こんにちわ、ご無沙汰しております。

チビ猫ちゃん、ボランティアさん宅で家猫修行中ですか

以前、我が家に連れ帰った番茶ちゃんも、このチビ猫さんと同じ状態でした。
慣れるまでに1ヶ月くらいは掛かりましたが、家の猫さんと仲良くなって家猫になれました
その後、募集をかけたら素敵なご縁を授かる事が出来ました。

なんだか、他人事とは思えず

頑張れ、チビ猫ちゃん。。。家猫修行に励んで素敵な家族と巡り会えますように
  1. 2006/06/28(水) 08:28:30 |
  2. URL |
  3. もっぷのまま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/459-76b0a7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)