地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

家庭内ノラって何?~気配はするが姿は見えず

家庭内ノラc


「愛情があればなれない猫はいない」

そう信じて手術した猫を室内で保護した。女性50才台。
あれから10年。
努力をして試行錯誤を繰り返したが、やはり猫はなれないままだ。
さわることはできない。
人がいるときは猫はどこかに潜んで出てこない。
家族は誰も猫を見たことがない。

エサがなくなっているのと、トイレの跡で生存しているのを知る。
猫は夜間、人いない時間帯に活動している。
こんな家庭内ノラは幸福なのだろうか。

手術直後にリリースしておけばよかったのか。
でもあの時、外猫への苦情が多く近所の手前リリースしにくかった。
年月がたった今さら、外では暮らしていけないだろう。

多くの外猫を手術したり里親探し活動もやってきた。
なれる猫は多いが、なれないのもいる。
見きわめはベテランでも難しい。

家庭内ノラで特に困ることは、病気の時と引っ越しの時だ。
どうしても捕獲しなければならない。

捕獲器を借りて室内に設置するが、病気で食欲がない猫はまず捕獲できない。
衰弱して手で捕まえられるようにならないと、病院に連れて行くこともできない。

引っ越しでは立ち退きの予定日を過ぎても猫が捕まらない。
家具がなくなって隠れる場所がなくなっても逃げ回る。
引っ越し業者が行ってしまっても、猫の為に賃貸契約を延長しなくてはならない。
一週間後にやっと捕まり、東京から九州まで運んだ。

家庭内ノラを抱えている猫ボラさんはだいぶいる。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/10/17(火) 17:09:29|
  2. 猫ボラ講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1650-d6533675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad