地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子猫を処分すると出産回数が増える

出産回数_convert_20170109102750

野良猫の繁殖力の説明で、年に3回出産するというのがある。


本当にそんなに産むのだろうか?


1回の繁殖で
猫の標準的な子育て期間は約3ヶ月。
その前の妊娠期間2ヶ月を足して計5ヶ月

野良猫は繁殖シーズンが限られているし、子育て中は普通 発情がこない。
子育て期と妊娠が重なるとしても、年3回はかなり厳しい。

でも実際に3回出産する猫は確かにいる。
その多くは子育てが途中で中断している。

子育てが中断すると、母猫は間もなく発情する。

休む間もなく次の妊娠出産へと続き、
くり返せば年3回出産は可能となる。



子育て中断の理由はいろいろある


◇人による子猫処分
(行政殺処分の内訳で1番多いのがこれ)

◇人による子猫保護
(善意の保護活動と営利目的の繁殖の場合がある)

◇病気による子猫全滅
(エサ不足で免疫力が低下すると、子猫の死亡率は増加する)

◇オス猫の子殺し
(子育てが中断すると、まもなく発情が来ることをオス猫は知っている。交尾をして自分の遺伝子を残す。全滅するのはおそらくライバルの子)

◇育児放棄
(猫の世界にもまれにいる)


出産回数が増えれば、それに伴う苦労やトラブルも増えることになる。
母猫の不妊手術をしないと繁殖は止められない。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
  1. 2017/01/09(月) 10:49:19|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

コメント

有難うございます。
やはり子育て中での懐妊もあり得るんですね。堕胎はしたくないし、仔猫の保護と母猫の捕獲はタイミングが難しいので、やはり早め早めのTNRですねe-263
  1. 2017/01/10(火) 06:44:42 |
  2. URL |
  3. エル姉 #lWEPZwCs
  4. [ 編集]

ツィートとfbにシェアしました。
mixiにもシェアさせて下さいね。
  1. 2017/01/09(月) 14:26:49 |
  2. URL |
  3. ジンジンタン #cxxU/Yl2
  4. [ 編集]

学者の言うオス「猫の子殺し」の説明に反するのですが、育児中の妊娠は私も経験があります。
生後2か月弱は離乳してますが、体重1㎏以下がほとんどで、親子離れすると子猫の生存率はかなり下がると思われます。
  1. 2017/01/09(月) 12:24:50 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #-
  4. [ 編集]

この事実を知らないボランティアが多いのも実情です。
今度記事を紹介させてください。

ただ、手術が間に合わず子育て終了で仔猫(生後約2ヶ月弱)を連れて姿を見せた時に、仔猫と母猫を同時に捕獲出来たので母猫を避妊手術へ搬送したのですが、驚いた事に既に5匹が入っていて、あと2週間ほどで産まれるサイズだったとか。そんな事が本当にあるのでしょうか?
かなり排除され虐待も横行する場所だったので繁殖率が高くなっていたのでしょうか?
  1. 2017/01/09(月) 11:36:58 |
  2. URL |
  3. エル姉 #lWEPZwCs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1608-9c041b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1

http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1608-9c041b60 http://noranekogaku.blog8.fc2.com/blog-entry-1608.html#trackback ...
  1. 2017/01/18(水) 06:38:27 |
  2. BONにゃん

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。