地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬猫譲渡システムはもっと必要だ

201119111.jpg

猫キューブ譲渡会と猫ボラ会議が終わった。
譲渡会には個人的に8歳の3兄弟猫を参加させた。
駄目だろうと思っていたのだが、2匹に声がかかった。
猫の譲渡システムがあってよかった、猫ボラ仲間がいてよかった。
と感謝の気持ちです。

★毎日jpニュースで知った「猫:里親求む 35匹残し獣医死去--小山 /栃木
詳しくは「47匹の猫と6頭の犬を救いたい!!」というサイトへリンクで飛ぶのだが、とても気になる記事だ。

実は同じような獣医さんが過去にいたのを知っている。全国的に同じようなケースがもっとあるのだろうと想像する。
動物病院が犬猫シェルターになってしまうと、入院スペースを占領されてしまう。治療の必要な動物が入院できなくなる。これは地域の動物医療の妨げとなる。見るに見かねたボランティアさんが手伝いに通うことになる。

ペットの問題、飼えなくなると誰かにしわ寄せが行く。こうなってはいけない。社会に犬猫譲渡システムをもっと増やす必要を感じる。

目黒区都会の猫を考える会主催「地域猫セミナー」9月25日(日)13:30~16:00鷹番住区センターレクリエーションホール(学芸大学駅徒歩3分)テーマ「人とネコの調和のとれた共生」講師:新宿保健所、高木優治氏 後援:目黒区

人気ブログランキング 猫
banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2011/09/13(火) 13:58:14|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

里親会のありがたさ

 今年も迷子なのか、捨てられたのか、人馴れした子が1匹。
 わが家としてはこれ以上無理、ではありましたが余りに人に慣れている子だったので問合せの電話もありで管理人さんに話してとりあえず保護の方向を決めたのに姿が見えなくなってしまった。出遅れたかと後悔していたら、マンションではこれ以上ないというくらい信頼できるご家族が保護していてくださっていた事が判明。
 去勢の手術済み、で蹴られたのか骨折の跡があり歩行に後遺症があったとの説明。ほっとしたけれど、そんな目にあっても人を信じてくれた猫君にただただ頭下げるばかり。
 里親探しもその後遺症があるのでほぼ断念ね、とそこの奥さん。新しい名前貰って先住猫さんに気に入ってもらえるように修行中だそうです。
 保護、を言い出せるのも里親会があるから、知っているから。
 個人でなんとかしようにもひとりではどうにもならない。
  地道に活動を続けてくださる方たちへの感謝は深まるばかりです。25日、行ける様なら行こうと思います。
 情報、いつもありがとうございます。
  1. 2011/09/20(火) 23:44:27 |
  2. URL |
  3. mog #PfF4rJ/s
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1555-76ba5481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。