地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

私鉄駅周辺 のらねこTNR事情

201012061.jpg

南北に走る私鉄駅から東に主要商店街が長く伸びる。
商店街から路地を入った裏には、スナックやバーの集まる飲み屋横丁がある。
その隣に寺と墓地が続く。
駅の西側には病院と学校と小さな商店街がある。

よくある街の構図である。
大きな自動車道路が少ない場所は、猫にとって都合がよい。
昔から多くの猫が暮らしていた街。

深夜から早朝まで電車の運行が止まる鉄道線路は、猫のナワバリの境界線にはならない。
病院で入院患者さんからエサをもらい、
夜間は学校の庭で遊び、
飲み屋横丁で一軒ずつエサをもらいに歩き、
商店裏の倉庫で眠り、
また墓地で遊ぶ。

こんな猫の生活が想像される。

■学校TNR

今から11年くらい前、猫ボラグループが学校でTNRを始めた。
かなりの数をやったのと、当時の校長とリリースをめぐってもめたので記憶に残っている。
耳への識別マークとデジカメでの画像記録はまだやっていなかった。
しかし猫の繁殖はかなり減った。
比較的大掛かりな駅前TNR第一弾だったと言える。
出張猫ボラによるTNRだったため、その後の猫管理については不明。

■墓地TNR

その後、線路と駅が地下に潜る工事のため、駅前再開発が始まった。
大掛かりな工事は猫を四方に分散させる。
7年前のTNRは墓地で行われた。
工事で居場所を失い流れてきた猫もいたはずである。
地元住人と商店街で話し合いがあったが、地域猫というところまで至らなかった。
実質2名でスタートしたがTNR後の管理の継続までは難しかった。
この時やった24匹の画像記録とイレズミマーク記録が残っている。

■飲み屋横丁TNR

それから5年後、
飲み屋横丁で猫の数がまた増えて苦情が出始めた。
2年ほど前から個人でTNR始める人が出始めた。
保健所も現場に足を運んでいる。
現在進行中の飲み屋横丁TNRは15匹になった。

TNRから地域猫への模索はつづく


人気ブログランキング 猫
banner_031.gif


にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/12/06(月) 14:52:36|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1513-77026066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad