地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛飾区地域猫セミナー終わりました

201011211.jpg

2010年11月21日 葛飾区市民活動支援センター・葛飾区勤労福祉会館(立石)にて第2回地域ねこの会セミナーがありました。
飼い主のいない猫手術助成金制度が復活した葛飾区での説明会を兼ねてのセミナーでした。

パネルセミナー:庭田氏(葛飾区生活衛生課)岩田氏(NPO法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会)ちゃま坊(地域猫の作り方)主催:NPO法人 葛飾区・江戸川区・地域ねこの会後援:葛飾区

私がお話ししたのは「街の外猫エサ場事情」と「猫ボラネットワークを作ろう」の2点でした。

コッソリのエサ場とTNRの情報をいかにしてつなげていくか、という視点です。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/23(火) 11:25:58|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

分かります。あ~限界私も口癖です。
でも、限界を決めるのは自分次第、
猫が好きな訳ではないのですが、
限界を超えてまでも携わりたい自分がいます。

もの言わぬ小さな命が少しでも暖かく、お腹いっぱいに
安心して過ごせるように・・・

誰も見ていなくても、自分の心の思うままに、
行動する人がたくさんいる世の中になるといいなと思います。
  1. 2010/11/26(金) 02:47:00 |
  2. URL |
  3. キリム #SMaUOM06
  4. [ 編集]

 私の大学でも、餌をやる人はいても、手術には積極的ではありませんでした。
 ひとつには費用の点。
 もうひとつは構内に充分なキャパシティがある『よう』に見えるので、危機感が薄いということ。
 手術の必要性をご説明した後は、餌やりさんたちはひとりを除いて(完全ということはなかなか無いですよね)餌の量の調整など、私の申し出を快く受け入れてくださいましたが、毎晩2時間、5週間の間、寒くて暗い夜間の構内で捕獲を試みるのは私独りでした。
 正直、私も「もう限界」「どうして私独りだけで」と思うことが何度もありましたが、こつこつ続けてゆくうちに協力を申し出てくださる方々もあらわれました。(既にTNRは最後の段階でしたが)
 いろいろな方とお話なさってみてください。
 限界だ、と感じられた時には、どうぞお休みになさってください。
 大変な活動をしておられると、理解してくださる方はきっといらっしゃると思います。
  1. 2010/11/25(木) 19:40:57 |
  2. URL |
  3. 江夏 #aL4uJ4N2
  4. [ 編集]

人から「ご苦労様!」と言われなくても、手術した猫がアナタに感謝していますよ?。
  1. 2010/11/24(水) 21:50:55 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

猫ボラさんとは
外猫のエサやりからスタートした人が多いと思っていたのですが、町内会の役員から始めた人やTNRから始めた人が思った以上に多いことがわかりました。

助成金制度が、
猫好きのために使われる税金と勘違いしている人が多いようです。

  1. 2010/11/24(水) 14:14:19 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

公園に毎日セッセと時間を決めて通っている餌『だけ』やりさん
近所の餌『だけ』やりさん
団地の餌『だけ』やりさん

どの餌『だけ』やりさんも避妊手術に反対なのか?
捕獲は罠をかけるので可哀想だからなのか?
お金と時間がもったいないか?
避妊手術のことを言うと皆さん揃って
煙たい顔をされて結局いつも私一人で実行しています。
近所の人には変人扱い、餌『だけ』やりさんには
煙たい顔をされています。
こういう人が変人扱いされず「ご苦労様です」と言われる世の中になってほしいです。猫には可哀想ですがもう限界です。


  1. 2010/11/24(水) 11:05:19 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1506-63917dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。