地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

猫のエサ場はたくさんある2

201011121.jpg


「猫は土地につき、犬は人につく」とよく言います。

猫を連れて引っ越すと、元の場所に戻りたがります。人よりもその土地に執着が強い動物です。
縄張り問題で自分の場所が不安定になると、家出する猫はよくあります。
毎日エサをくれる人よりも、縄張りを優先するのです。
だから猫は恩知らずとか薄情とか見られがちです。

古くからの猫好きは、その辺の習性をよく知っています。
だから、猫の所有権にあまり固執しませんでした。フラリとやって来て住みつき、またフラリと出て行く。
そのままよその家に住み着いてしまうのはよくあることです。
猫と人はそういう付き合い方が一般的でした。

猫にしてみると人の引いた境界線はまったく意味のないものです。
好きな場所に行って眠り、どこの家でもエサをもらい、どこの家のネズミも追跡する。

猫には登録制度がないので、だれの猫かということが実に曖昧です。
犬と違ってつないで飼う義務もありません。外出が自由です。

猫のトラブルが起こったときに、よく犬の問題と混同する人が多くいます。

「野良猫だから保健所に通報すれば連れて行かれてしまうよ。」などと言う人がいます。
犬は連れて行かれるけれど、猫は連れて行かれません。
犬を連れて行く根拠になっているのは「登録制度」と「放し飼い禁止条例」です。猫にはこれがありません。

「エサを与えている人を飼い主とみなす」という意見があります。
町の中に猫のエサ場がたくさんあるという現実は、猫の飼い主は不特定多数の人だということになります。
飼い主責任の追及は犬のように簡単にはいきません。

地域には対立する考え方が2つ存在します。
「野良猫は捕まえて処分すべき」と「猫は繁殖も外出も自由だ」
双方に主張があり、議論を重ねても解決への道のりはかなり遠いです。

そうすると、今の段階では、
地域猫の考え方しかないだろう、というのが多くの行政の選択です。


人気ブログランキング 猫
banner_031.gif


にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/12(金) 13:45:49|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

はじめまして!

応援のポチです☆
  1. 2010/11/14(日) 17:53:29 |
  2. URL |
  3. berry☆ #-
  4. [ 編集]

近所に猫を処分したくても捕まえられないので
子猫が可哀相なので里親募集してあげたのですがどうしたらこっちに来て捕まえられるのか教えて欲しいと私を騙した人がいます。丁寧に夫婦で来たので信じていろいろと教えてしまいました。でもとんでもない人でした。そのことは今考えても悔しいです。
その夫婦は自分の敷地に猫が居なくても眼中に居るだけで許せない人です。そういう人がいる地域では地域猫は残念ながら不可能
だと思うのですが。猫が危険ですし、賛成しないと思いますが?
それに近所の人達は猫の話しはタブーの様で猫の話は避けている
感じがします。うちの自治会は絶体に無理です。
  1. 2010/11/14(日) 00:38:07 |
  2. URL |
  3. ミーコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1504-9c9b35b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad