地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

第6回猫ボラ会議終わりました

参加者:品川区5、大田区1、北区1、練馬区1、渋谷区1、新宿区1、豊島区1、町田市1、柏市2、木更津市1、鶴見区1、他1


外猫を捕まえて不妊手術して戻す活動をTNRと呼びます。

外猫を保護して里親探しをしたりTNR活動をしている人を猫ボランティアさんと呼びます。

略して猫ボラ。

猫ボラにはエサやりからスタートした方が多いです。

エサをやっていたら→猫が増えた→これ以上増えると困るのでTNRを始めた

しかし猫ボラ会議の参加者に聞いたところ、エサやり以外から始めた方も結構いました。

町内会の役員をやっている家の方。
TNRから始めた方。
エサやりさんから相談されて始めた方。
ネットなどで情報を得て、会をつくるところから始めた方。

いろいろいました。

地域猫の中心的な登場人物は猫ボラと行政と町内会です。
地域猫はこの3者が猫の活動を知るところから始まります。
エサやりとTNRだけではまだ地域猫とは呼べません。

多くのエサやりはコッソリやられているのが現状です。
そうするとTNRもコッソリになりがちです。
地域猫にするには、コッソリやっていたTNRを地域の人に告知しないとだめです。

勇気が要ります。
エサをやるなと圧力が強い場所では、なかなか言い出せません。
エサやりをめぐって、住民とトラブルがあった方もいるでしょう。

エサやりと猫ボラさんが直接町内会に行っても、話しを聞いてくれないケースはありました。
聞いてくれても、言ってることを信用してもらえない。
ところが役人が一緒だと、まず話を聞いてもらえます。

具体的にどう動いたらいいか?

猫ボラがレポートを作る→町内会と役所に提出またはポスティング

猫ボラ→町内会の誰か→役所に依頼→3者での話し合いの場を作る

猫ボラは多忙な方が多いです。
地域猫を始めるには仲間をひとりでも増やすことが大切です。誰かに話をすることが第一歩になります。

TNRを始めるにあたって地域への告知をすれば、外出自由の飼い猫を巻き込むことを防げます。
未知のエサやりさんに協力を求めるのも必要です。近隣で大量のエサを出されると、捕獲はうまくいきません。
この場合の告知はポスティングなどです。


人気ブログランキング 猫
banner_031.gif


にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ





テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/11/08(月) 21:18:16|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ありがとうございました

初めて会議に参加させていただきました福田です。
多くの経験をつまれた方々のお話は重みがあり、
沢山のお勉強をさせていただきました。
2時間がとても短く感じました。

私も地域猫活動を普及させていくには、
地域、ご近所とのコミュニュケーションが、
とても重要だと感じています。
今回、会議に参加させていただき、
自分の活動の基本が見えてきました。
私の活動は地域密着型で、その範囲を
少しずつ広げていくことにいたしました。
本当にありがとうございました。






  1. 2010/11/09(火) 10:30:40 |
  2. URL |
  3. 三太郎 #-
  4. [ 編集]

地域猫への道

横浜市磯子区の地域猫活動ではまず3名以上でグループを作る事をお願いしています。これは活動する方が孤立してしまうのを防ぐためです。3人寄れば何とやら・・・。1人でやる気楽さに比べ他人がいれば意見がぶつかる事もあるでしょうが、仲間がいるからこそ乗り越えていける事も多いです。地域猫活動は地域の人の理解を求めるのが大事。人間関係、コミュニケーションが大事です。
猫トラブルも元はといえば人間同士のコミュニケーション不足が関係していますから。
何もかも一度には難しいとは思いますが、ノラ猫の世話をする人は、ルールに沿った世話をしつつ(周りから文句の出ない状態を作りながら)、少しずつでもコミュニケーションの輪を広げていっていただければと思います。猫好き猫嫌い関係なく人間相手はしんどいですけどね(苦笑)。
  1. 2010/11/08(月) 22:49:49 |
  2. URL |
  3. koyuki #zlAQJbYM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1502-5920c779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad