地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近頃のコクシジウム なんだか手ごわい

201007093.jpg

子猫の検便 よく見つかるのは回虫とコクシジウム

回虫は市販の薬でもよく落ちる。
しかしコクシジウムはちょっとやっかいだ。
人用医薬品のサルファ剤シロップを1?3週間飲ます。
1週間ごとに検便をする。
今年のコクシ、3週間飲んでも陰性にならないのが続いている。
どうせ、
猫のコクシジウム治療薬として販売されている薬は国内にはない。
人医用サルファ剤も製造中止が増えて選択肢は年々減ってきている。
サルファ剤シロップ以外の選択肢を探してみる。

トリブリッセンという犬用抗菌剤:歴史のある薬だが、現在中型犬用錠剤しか販売されていない。子猫用に調剤する必要あり。
バイコックスという牛豚用コクシジウム薬:新しい薬で小動物での情報があまりない。これはちょっと不安。

今回はトリブリッセンを選択 

201006181.gif
普及啓もうに役立つ「TNR?Tシャツ2010」ただいま注文受付中

banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/07/10(土) 07:52:16|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

下痢などの症状がなくても、コクシがいると隔離しなくてはならないので、やはり駆除は必要です。
里親会などでも神経を使います。

コクシの駆除に薬が効きにくいという話は以前からありますが、昨年あたりから急に増えてきたような気がします。
  1. 2010/07/10(土) 19:03:02 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

ほおぉぉぉ・・。

お世話になっている動物病院には今年も保護猫が多数入院していますが、全員「コクシ」持ち。
「コクシ」を持っていることは悪いことではありませんが、今年は特に駆虫しにくいようです。
なぜでしょう・・。 
  1. 2010/07/10(土) 08:55:17 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1435-2e784d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。