地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

巨大な歯石を見ると 指ではがしたくなる

201006293.jpg

猫も長生きになってきた。

君たちは歯を磨くということをしないから、長生きすれば歯石もたまる。
野生の肉食獣は生肉にかぶりつき、引き裂くという行為が歯の汚れを落とすらしい。

「外猫にもキャットフードをあげましょう」と、環境省のガイドラインにも載るくらいだから、今の猫たちには「引き裂く」ということが必要なくなった。

十数年分の歯石は巨大化してくる。
巨大化すると人のツメで引っかけて簡単にはがれることがよくある。
はがれおちるときれいな歯と歯肉が現れる。

歯石の場所は細菌の巣であるから、歯根が傷んでぐらついていることがある。
自然の状態で歯石もろとも歯が抜け落ちることはよくある。
そうやって多くの猫が歯を失う。

抜けそうで抜けない歯があると、エサが食べられなくなる猫がいる。
歯が内側に倒れると、噛み合わせができずアゴが閉じられなくなる。
食べられない日が続くと衰弱してくる。
さわらせない外猫の場合、つらい状態である。

野生の肉食獣が歯をすべてなくすということは、ハイエナのエサになることを意味している。
しかし日本の野良猫は歯がなくなっても生きていける。
キャットフードのおかげである。

201006181.gif
TNR?Tシャツ2010注文受付中

banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/30(水) 06:10:29|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1426-1efbc615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad