地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫にアトピカ計画 5日目

201006281.jpg

虐待だと誰もが思った。

昨年10月虐待の疑いで保護されたクロちゃん。
背中の皮が3?×15?くらい剥けてなくなっていた。
当初、熱湯か薬品による火傷を疑っていた。
数か月で皮膚はほぼ再生して、その傷は治ったのだが、
治療中に気がついたことがある。

他の場所に皮膚炎ができてかきむしり、ドンドン悪化して火傷のようになってしまう。
治療して治ったと思うと、また違う場所にできる。
これを繰り返している。
どうもアトピーのような気がする。
あの傷も虐待ではなかったのではないか。

このところステロイドの反応が悪くなった。
量を増やさなくては効かなくなってきた。

そこでアトピカという薬の選択を考えた。
免疫を抑える薬だ。
犬では劇的な効果があり、ステロイドから脱出できたケースを経験した。

しかし残念ながら猫の薬ではない。
猫への投与例は少ないのでデーターもほとんどない。
ステロイドの数十倍の高価薬であるが試してみる価値はありそうだ。

現在5日目。
今のところ副作用は観察されない。
痒みはまだあるようだが、皮膚の状態は改善に向かっている。

計画では1カ月毎日投与して、その後数日おきの投与に減らしていく。


banner_031.gif

201006181.gif
TNR?Tシャツ2010注文受付中

DVDパッケージ「犬と猫と人間と」6/26発売

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/06/28(月) 08:51:56|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

長年アトピーに悩んでいる者です。
ステロイドも、免疫抑制剤も(ヒトの場合軟膏ですが)使いこなすのが難しい薬です。
ノミアレルギーのように原因のはっきりした痒さであれば、強い薬で短期間に炎症を抑えれば効果はあるかと思いますが、原因を取り除かない限り(ノミの場合、駆除を完璧にしない限り)再発してしまいます。
一方、ノミみたいな原因の分かるものだといいけど、ヒトのアトピーのように原因の分からない痒さだと、なかなか薬が止められなくなる危険もあるので慎重に扱う必要があると思います。

  1. 2010/06/29(火) 22:02:34 |
  2. URL |
  3. あとぴっ子 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

アトピカは犬の薬として承認されています。
猫への使用は安全性も効果も不明です。
動物医療では承認薬に選択肢がない場合、承認外の薬を使用することはよくあります。
その場合、選択するかどうかは獣医師と飼い主の相談の上ということになります。結果については自己責任です。
一般的には、ステロイドなどによる治療が行きづまった場合のやむをえない選択になると思います。
  1. 2010/06/29(火) 20:35:17 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

はじめまして

同じような状態の野良猫を地域猫としてお世話をしています。
やはり、最初は虐待を疑わせる火傷かと思っていました。
人なれしているので病院に何度かつれていっていますが
ダニなどのアレルギーによる掻きキズが舐めることにより悪化しているとのことでした。現在包帯をして舐めないようにしていますがなかなか良くなりません。
そのアトピカという薬は、動物病院で処方していただけるのでしょうか。
病院では、痒み止めと抗生物質で治療してみましたが
効いている時期もありましたがまたジクジクして出血もしている状態です。
  1. 2010/06/29(火) 15:50:24 |
  2. URL |
  3. ankun #MgIxvhDQ
  4. [ 編集]

ははーん。
痒くて痒くて舐めまくっている間に皮膚を傷めた可能性も否定できない、ということですね・・。

アトピカ、効くといいですねぇ。
  1. 2010/06/28(月) 09:39:05 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1421-9da031f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。