地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

捕獲器メンテナンス

捕獲器のメンテナンスは自分でやる。

よくあるのが、
フックのかかりが悪くなって、わずかな衝撃で作動してしまうケース。
この場合は、ラジオペンチを2つ使ってフックの角度を調整すると改善する。
可動部分には油を差しておく。
変形した場所もラジオペンチを使ってできるだけ修復する。

一番やっかいなのがサビの問題。
雨ざらしの場所に放置されたり、薬品をかけられたり、猫の尿やエサが付着したままだとサビやすい。

201004201.jpg

ホームセンターに行ってサビとりグッズをいろいろと買い集めてきた。

層になって厚みのあるサビは、マイナスドライバーや刃物ではがす。
次にサンドペーパーの荒目と中目をかける。
隙間や手の届かない場所は、割り箸にサンドペーパーを巻いて使う。
デコボコがあったり細かい部分はステンレスブラシをかける。
研磨剤入りナイロンは軽微なサビ以外は歯が立たない。

201004202.jpg

サビ取りクリーナーという商品を見つけた。
かなりベタベタな透明ジェルを、歯ブラシを使って塗り広げる。
数分間こすっているとサビが溶けてくる。
狭い隙間のサビ部分によくすりこむ。

201004203.jpg

厚みのあるサビはダメだが、薄いサビはほとんど取れている。
あとは濡れた布でベタベタを拭き取れと書いてあるが、これがなかなかたいへん。
ブラシを洗ってみたら、水に簡単に溶けることがわかった。
そこでブラシを使いながら水で直接洗い流した。

かなりきれいになった。

防サビ処置として水気をよく拭き取り、CRC556をスプレーしておくことが大切。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/21(水) 08:49:28|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/04/25(日) 18:43:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

お疲れさまです~。
捕獲器のお手入れ。

なぜか、勇気をいただきました。
ほんのささやかなお手伝い程度のボランティアですが
再来月に「犬と猫と人間と」の上映があるので
チラシ類の配布に行かねば・・・・と思いながら
まだ残り枚数の方が多く、足が重かったのですが。

がんばりま~す。
  1. 2010/04/21(水) 10:25:26 |
  2. URL |
  3. ろとにゃんまる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1381-e9b85aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad