地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫ボラさんとは

外猫への「エサやり」は大きくふたつに分けることができる。

「ただのエサやり」と「手術をするエサやり」だ。

「手術をするエサやり」を「猫ボランティア」、 略して「猫ボラ」と呼んでいる。

どこかの権威が定義を決めた言葉ではないが、私の周囲では自然発生的にそういう意味で使われている。

猫ボラにとって、「ただのエサやり」は迷惑な存在なのだが、
猫ボラも最初の一歩は「ただのエサやり」から始まることが多い。
猫が増えると苦情が増える。苦情が増えると猫やエサやりがいじめられる。不妊手術で繁殖を止めようと思いつくのは自然のことだ。
捨てられた子猫があれば、保護して里親探しをしてやろうと考える。これも野良猫の数を増やしたくないからだ。

これらの活動は結果的に、犬猫処分数を減らし、地域の野良猫問題の減少につながっている。

近年、野良猫問題の解決のために、行政が地域猫という手法を始めるようになってきた。

行政マンで野良猫のことに詳しい人は一部である。
手術をする獣医師で野良猫のことに詳しい人も一部である。
猫ボラの多くは野良猫のことに詳しい。
地域猫に猫ボラの協力は欠かせない。

保健所に野良猫相談が入った時に、
不妊手術をして猫を増やさないように指導するのだが、
実際にノウハウを持っているのは猫ボラさんだ。猫ボラさんのサポートがどうしても必要になる。
保健所は自ら現場に出向いてTNRをすることができないからだ。

地域猫が広がるにつれて、経験を積んだ猫ボラさんが不足してきたのを最近感じる。
保健所から猫ボラさんの応援を求める声が増えてきたからだ。

猫ボラさんのネットワークを作らなくてはいけない。
情報交換や勉強会をやって、新たな猫ボラさんも増やさなくてないけない。

行政のやる地域猫セミナーは年に1?2回しかない。
参加した猫ボラさんは皆、聞き足りないし、話し足りない。
もっと頻繁に情報交換の場が必要だと感じている。

ということで現在「猫ボラ会議」を企画している。

banner_031.gif
  1. 2010/02/23(火) 22:12:57|
  2. 猫ボラ講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1362-60d1f3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。