地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地域猫の効果を数字で示すには

事業仕分けで国の予算の見直しが進められている。
仕分け人を納得させるには、やはり数字がものを言うのだと見ていて感じる。

地域猫はどうなのだろうか。
国の予算ではないが、地方自治体や市町村レベルで「飼い主のいない猫との共生事業」予算を計上しているところがある。
もともと個人や市民グループの持ち出し金でやられてきた活動だから、行政からの助成金への依存度は高くない。
それでも何か数字で地域猫の効果を表す資料を持っておきたい。
寄付金を出してくれた人にも説明したいし、活動メンバーにとっても数字は励みになる。

地域猫が進むと、「最近野良猫が減りましたね。」という声はよく聞く。
しかしこれを数字にすることは難しい。何かないかとずっと探してきた。

現在候補に挙げているのが3つ

1:行政の子猫の引き取り件数
2:清掃事務所などの路上死体処理件数
3:保健所への苦情相談件数

地域猫は猫の繁殖を止める活動だから、子猫の発生率は減るはず。
子猫が減れば処分される子猫も当然減る。
路上で事故死や病死する猫も減る。
動物愛護センター、保健所、清掃事務所などには、これらの統計資料があると思う。

手元にある東京都千代田区の資料によると、
平成13年には猫の引き取り数67匹、路上死体291匹、苦情相談61件。
これが平成20年では引き取り数7匹、路上死体161匹、苦情相談29件といずれも減っている。

千代田区ではかなり以前から、不妊手術助成金制度などで地域猫活動を支援している。
これが数字になって表れてきているのだと言える。

20090830205330dbd.jpg

necommu-160x37.gif

banner_031.gif


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/01(火) 13:51:01|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

足立区の助成金

足立区の助成金につきまして、確認しましたところ、
来年度の廃止は無いと聞きました。
この不景気にありがたいことです。
足立区のみなさん来年もがんばりましょう!
  1. 2009/12/23(水) 21:42:53 |
  2. URL |
  3. まいづる #B2AaVS/o
  4. [ 編集]

前に子猫の引き取り数で調べたら、川や海の水辺のある区が多かったです。
つまり捨て猫がされやすい地形があるのではと思います。

苦情の数は猫の数に比例するか、という問題ですが、
猫がたくさんいても、野良猫の苦情が少ない地域もあります。

猫トラブルには、
人口密度とか新興住宅の増え方とか地域のコミュニティの有無とか、いろんな要素がからんでくるようです。

地域猫の研究は奥が深いです。
  1. 2009/12/07(月) 13:19:21 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

人口当たりの数

こんばんは~。

「数」にはいろんな切り口があるそうで、

自治体の経年変化を見る方法や、

自治体の人口当たりの数で、お隣さんと比べるのも切り口としては悪くないと思います。
  1. 2009/12/05(土) 23:11:31 |
  2. URL |
  3. やまけん #Kz1Fg1Q.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/12/04(金) 15:45:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

路上死体の処理は人知れずに行われています。
カラスに食べられたり、埋められてしまったり、ゴミに紛れ込むケースもあります。
エサやりも、この部分はあまり知らないらしく、
「猫は増えていない」「不妊手術は必要ない」という人もいます。
毎年増えて毎年死んでいくのを、ただ知らないだけなのです。
  1. 2009/12/03(木) 13:18:15 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

子猫の死体回収が昨年はゼロ件に

今年4月に大田区内のある大きな公園でTNRのための捕獲をしていた所、区のまちなみ整備課の路上動物死体回収業務を長年、請け負っているという方から話しかけられました。その方が担当する地域(区の西側4分の1)では、回収件数はここ数年210体前後で推移していたそうです。回収する死体の約半分が猫で、他はカラスなどの鳥や小動物など。それが昨年度は約190体に減少し、しかも子猫の回収が初めてゼロ件になったそうです。「ボランティアのみなさんがのらねこの避妊手術を一生懸命なさっている成果が出てきているんだと思いますよ。」と言われました。
  1. 2009/12/03(木) 04:02:07 |
  2. URL |
  3. あかねいおな #GB9PSyUI
  4. [ 編集]

足立区では。

千代田区の数字はとてもすごく効果が見えてますね。

足立区の地域猫の取り組みである助成金は二年目の今年度で取りやめと聞いてます。
理由は数字ででないと。その数字のなかみが知りたいところです。

ちゃま坊さんのような方がこちらにも、いたらと切に思います。
  1. 2009/12/01(火) 19:36:14 |
  2. URL |
  3. ちょこ◎ばば #wEoq1Vxk
  4. [ 編集]

いちばん注目すべきは「路上死体数」

「引き取り数」は飼い猫もカウントされてしまう。

「苦情相談数」は1人の苦情者が何度も電話をかけることがある。
  1. 2009/12/01(火) 14:44:46 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1336-7c991339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。