地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加藤一二三氏 野良猫餌やり裁判

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーさんの加藤一二三氏 野良猫餌やり裁判に関する至急のお願い!
トラックバック記事を書きます。

この問題については以前にもブログで書いてます。
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/blog-date-20081212.html
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/blog-date-20081219.html

まず猫という動物の棲息形態を知っていただきたいです。

犬は登録の義務があるので、所有権がはっきりしています。管理責任も生じます。
しかし猫では犬と同じように考えることはできません。
野良猫と飼い猫の間に明確な境界線を引くことは誰もできません。

猫は所有権の実にあいまいな動物です。

自由行動が認められている点は、犬よりカラスに近い存在と思われます。
外で暮らす1匹の猫は複数の人にエサをもらい、寝場所を提供されています。

エサやりは不特定多数というのが現実です。

所有権のあいまいなものに管理責任を負わせることはできるでしょうか。

エサやりなどの行為に対する損害賠償というであれば、
不特定多数であるエサやりと寝場所の提供者すべてを調べ上げるのが公平です。
被害を与えた猫の個体識別も必要なはずです。

地域猫活動では猫の個体識別と隠れたエサやりさんにいつも苦労しています。
猫はそっくりなのが多いので、写真だけでの判定はできません。
隠れたエサやりさん情報はまったくの闇の中です。

一部の目立つエサやりだけ規制しても、野良猫問題は解決しません。
被害を周囲に拡散するだけです。

20090830205330dbd.jpg

necommu-160x37.gif

banner_031.gif



テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/11/14(土) 17:18:13|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

徳川様

猫による被害・迷惑、よくわかります。

だから外暮らしの猫の数を減らす手段としての「地域猫」活動なのです。

「餌をやらない」だけでは猫は減りませんし、ゴミ漁りだけでなく、お宅に侵入して泥棒猫になるかもしれません。

全ての外猫に貰い手を見つけることはかなり難しいので、まず産まれないようにすること。
繁殖制限、これだけで猫は増えません。
オスも不妊することで、ケンカの声、マーキングのニオイはかなり防げるようになります。

オトナ猫ならじゃれて遊ぶことも少ないので植木等の被害も減るはずですし、使いやすいトイレがあって、定期的に掃除ができるなら糞の問題もクリアできるでしょう。

車の傷は、多少面倒でもカバーをかけるとか、手段が講じられますよね(費用は・・餌やりと協議)。

3年経てば、驚くほどの効果が現れます。

捨てた人・増やした人が判らない以上、こういう方法で徐々に猫の数を減らすしかないのが現状です。

ワタシは去年、町内のゴミ置き場にいる猫を不妊し、子猫3匹をピックアップしました。
それだけでご近所は「近頃猫が減ったなー」でした。

猫がいるから餌をやらざるを得ないのであって、私たちが猫を増やしているのではないこと、ご理解ください。
外暮らしの猫がいなくなることが私たちの願いで、最終目的です。

登録制も一つの方法と思いますが、
登録できない猫たち=飼い主のいない猫の扱いが、万人了承できる形で示されない限りは難しいと思われます。
  1. 2010/05/14(金) 09:39:41 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

近所の猫による糞尿や車に傷をつけられる被害を頻繁に受けている者の苦しみを理解できる動物愛護活動家がいったいどれだけいるのだろうか?防御策を施すのに出費を強いられ、油断してると庭に侵入され再び糞尿の被害に遭う日々。
犬と同じように登録制にして飼育するルールを設け、飼い主の権利と義務を明確にし争いのない社会を目指すべきだと思う。
  1. 2010/05/13(木) 16:46:45 |
  2. URL |
  3. 徳川綱吉 #-
  4. [ 編集]

「地域猫構想」のスタートが、そもそも、地域の人の了承を得よう!猫です。

昔から個人が不妊した外暮らしの猫はいましたが、自分だけがわかる不妊した猫、ではなく、地域の住民にも認識してもらえる猫を「地域猫」としたわけです。

不妊して、その地域で生きている猫は「地域の猫」・・この差は大きいかもしれません。
その為に「頭を下げる」ことができるのか、「自費で不妊してるんだ!」と言い切るかの問題とも思います。

因みに私は不妊して餌やりを30年続けていますが、「地域猫」にする気はありません(時間と手間が惜しいので)。
「地域猫」になれればいいなー、とは思っています。
  1. 2009/11/16(月) 23:03:14 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

ブログか何かで「TNRをしただけで地域猫になる訳じゃない。自治会の承認をとって地域の人に見守られて初めて地域猫なんです。TNRをしただけの猫は地域猫ではなく不妊手術をした野良猫です。」と書いてあるのを読みました。TNRをする方はたくさんいますが、自治会の承認までとっている人ってそんなにいないんじゃないでしょうか。行政が一体となって入ってくれるようなところならまだしも、ほとんどは個人で頑張っている人間が地域猫にするために一から十までやらなくちゃいけないというのが現状です。猫のためとはいえ町会長や自治会長に頭を下げに行き、一から説明するのは正直しんどいです。そこから変えることは出来ないのかなって思ってしまいます。
  1. 2009/11/16(月) 05:40:03 |
  2. URL |
  3. メイ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1322-ecff4444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。