地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

現在 猫は供給過剰です パート2

コメント

もし宝くじが当たったら・・私だったら・・仕事を辞めて捕獲・不妊をしまくります。
ただし、タダではしない=単なる便利屋になるだけだから。
餌やりさんがわかったら、1000円でも出してもらう。
でないと億単位のお金も直ぐに底を尽きますよね・・。
ほんと、どーしてこんなに猫が多いんだろう・・と思うこと、しばしばです・・。
  1. 2009/10/21(水) 23:14:48 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

宝くじが当たったら猫のシェルターを作るという夢を語る人がいますが、これは大きなバケツを作るということです。
しばらくはしのげますが、やはり蛇口を閉めて、少しでも水の勢いを弱めなくては、すぐにバケツはいっぱいになります。
処分数を減らすにはこの二つを同時にやるしかありません。
蛇口を閉めるという考え方はすでに広まっています。
私が最初に知ったのは、アメリカに渡った女性獣医師西山ゆう子先生のメールマガジンです。

  1. 2009/10/21(水) 21:21:11 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

「蛇口を閉める」という表現はちゃま坊様が考え出したのでしょうか。野良猫の数を抑制するために手術を行う活動を表すのに、これほどぴったりの言い方はないと思います。

閉めずに流れ出した水をボランティアたちが必死に受皿やバケツを持ってすくいあげているのに、それでもどんどん溢れてしまう水は…やむなく処分。蛇口を閉めなければこれからも水は溢れ出て行くんですよね。

つらいこと悩むことも多いですが、蛇口を閉めるために、がんばろうと思います。
  1. 2009/10/21(水) 19:00:05 |
  2. URL |
  3. kaya #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1315-fe5c3c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad