地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野良猫と飼い猫の間に境界線を引くことはできない

全国の犬と猫の処分数 1年間で30万頭

その内訳は
犬が10万頭
猫が20万頭

猫のうち80%は子猫だ。全体の処分数で見ると、半分以上の16万頭を子猫が占めることになる。

これを見ると、数では猫のほうがあきらかに不幸である。
しかし別の角度から見れば犬のほうが悲惨である。

猫は野良猫という生き方で暮らすのがいる。
しかし犬にはそれが法律で許されない。野良犬は捕獲されて処分されてしまう。
犬は100%人間に管理される動物だ。犬を助けるのは猫よりかなり大変だと言える。

処分数を減らすことを考えたとき、いちばん大きな課題は子猫である。
この16万頭はそう簡単にはいかない。

では子猫はいったいどこから来るのか?
多くは飼い主不明の猫が産んでいる。

不妊手術をしましょうという啓蒙活動で飼い猫の繁殖制限はかなり普及してきた。しかし野良猫にはなかなか及ばないのが現実。

猫が犬と違う大きな点は、野良猫と飼い猫の間にはっきり境界線を引くことができない点だ。
猫は外出自由だから、ある時はAさんちの猫、ある時はBさんちの猫だったりする。呼び名もその時によって違う。1日に何軒も渡り歩く猫もいる。
こういう猫がかなり多数いるのが事実だ。

そんな猫がいったいどれくらいいるのか、誰もわからない。
調べる方法がないのだ。
都市部の街の地図を描いて、いったい猫がどこにいるかというと、道路の真ん中にはあまりいない。ほとんどが個人の敷地内の見えない場所にいる。統計調査は見える場所の猫しかカウントできない。多くの猫は見えない場所で生まれて、見えない場所で死んでいく。
猫の数は数カ月ごとに変化している。繁殖率も高いし死亡率も高いし、おまけに日々ナワバリも変化していて、猫の移動もある。
正確な統計調査は不可能といえる。

所有権があいまいなものは責任もあいまいになる。
責任を感じて不妊手術を受けさせようと思っても、人に馴れていない猫はなかなかこれがむずかしい。
動物病院に手術の予約を入れても、予定通り捕まる猫ばかりじゃない。
猫は人の心を読む動物だから、捕まえようとする気配を敏感に察知する。
不妊手術をあきらめてしまう人が多いのも事実だ。

そういう猫の繁殖を止める活動を続きてきた人たちは以前からいる。
馴れていない猫を捕まえて手術するためにずっと試行錯誤してきた。
映画「犬と猫と人間と」の中でも取り上げられている。

TNR活動や地域猫活動と呼ばれている運動だ。
今まで主に個人でやってきたのがTNR活動。
TNRを地域住民と行政を巻き込んでやり、みんなで管理するのが地域猫。

繁殖が止まれば子猫の発生はなくなる。
路上死体も減る。
子猫の処分数も減る。
活動が広まれば、人道的に野良猫の数を減らすことができる。

30万頭の半分を減らすには、ズバリこの方法である。
多くの行政機関もすでに取り組みを始めている。

20090830205330dbd.jpg

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/09/21(月) 22:01:56|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

「うちは朝ごはんをあげているだけ。」
「うちは寝場所を提供しているだけ。」
「うちはたまにおやつをあげているだけ。」

1匹の外猫にかかわる人は不特定多数です。
猫が増えてしまって憂いを感じた一部の人が不妊手術をしています。
  1. 2009/09/24(木) 13:22:39 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

首輪

うちの近所の獣医さんの中には耳カット反対の立場の方もいます。でもボランティアさんの中にはこの先生の手術が丁寧で安心、というので不妊去勢手術を依頼する人も多いのです。ここの手術済み目印は首輪(強く引っ張ると外れるタイプ)です。なので首輪をしていても飼い主無しの場合も有るかもしれませんね
  1. 2009/09/23(水) 20:21:15 |
  2. URL |
  3. 猫一号 #ofxKis3k
  4. [ 編集]

いつもは拝見させていただいています。
そういえば、ある人が「うちの猫が子供を産んで
困っている」と言ったので「避妊をしてあげなかった
のですか?」と聞いたら今度は「野良だから」と
言い直していたのを思い出しました。
その人も猫に対しての知識が無かったの
かも知れません。それともお金が無かったのか
知れませんが行政が指導すべきだと思います。
そういう意識が高い所とそうでない所の差が
ありすぎると思います。

  1. 2009/09/22(火) 22:56:31 |
  2. URL |
  3. エリ #-
  4. [ 編集]

猫は複雑怪奇

NHKのテレビ、見逃してしまいました(残念)

今まで、ノラ猫のいなかった周辺に、2年前からノラ猫が2匹ずつくらい現れて、その4匹を飼っています。
今年も約2匹のノラ猫を見ます。
1匹が今、エサを食べに来ます。
全然馴れてはいません。♂のようです。
連休明けに捕獲して手術に連れて行く予定です。
うちで飼うことは切りもないので止めたほうがいいと思うけど
家のない猫も可哀想です。
もう1匹は、最近姿を見ませんが、ひどい皮膚病です。
なんとかしたくても難しいし今は、どこにいるかわかりません。
数日前に首輪をした猫が、ノラ猫用のエサを食べていました。
馴れてなくて逃げます。
猫に出くわして思うのは、本当にノラ猫なのか
本当に飼い猫なのか
それとも迷い猫なのか。

個人では限界があるので、地域猫活動と、その理解が
広まるといいですね。







  1. 2009/09/22(火) 20:50:36 |
  2. URL |
  3. ろとにゃんまる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1304-7a010852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。