地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

キャットフードと野良猫問題

200906131.jpg

200906132.jpg

キャットフードという発明は猫文化に大きな変革をもたらした。
ドライフードや猫缶が普及してくるのは1970年代くらいからではないか。
それまで猫の寿命は10年くらいと言われていた。
キャットフード以前はご飯にカツオブシが定番だった。不足するタンパク質は小動物を捕食して補っていた。
今や20年以上生きる猫もときどき見かける。
多くはキャットフードの恩恵であろうと思う。
医療の進歩もあるだろうが、医療行為を受けない野良猫でも15年以上生きるのがいる。

キャットフードは進化を続ける。
最初犬猫兼用のフードもあったが、猫専門フードになり、年齢別に分かれてきた。獣医医療の世界ではすでに病気別に分かれている。
猫はますます長寿になる。

野良猫問題にもキャットフードは大きな影響を与える。
持ち運びが便利で保存性も高い。
夜間でもコンビニで手軽に買える。
キャットフードの普及によって、誰でも簡単にエサやりに参加できるようになった。

猫の寿命が延びて、繁殖が止まらないで、エサやりに参加する人が増えればどうなるか。
社会問題に発展してくるのは、猫の数が増えすぎた場合なのである。

banner_031.gif


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/15(月) 14:31:29|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1275-dc6a05f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad