地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手術直前の出産

200905191.jpg

生まれてしまったのである。
外出から戻って、不妊手術を明日に予定していた猫を見たら、ケージの中に仔猫が2匹増えているではないか。
ミーミー鳴いている。
元気は良さそうだ。
母猫の腹はそんなに目立っていなかったから、出産まではまだ間があるだろうと思っていた。
猫の妊娠は普通3?6匹だから、2匹だとあまり腹は目立たない。

このケースの場合どうするか。
母猫を手術しても子育ては継続できる。
子猫が乳を吸い続ける間はミルクが出るのである。
手術をしても立派に子育てができることは毎年経験している。
ということで、手術は予定通り決行。あまりなれていない猫の場合は仕方がないのだ。

そのかわり子猫の里親探しには全力を尽くそう。
生まれてしまった命は全力で助ける。しかし生まれる間際までは勘弁してね。
ここが猫ボラが一線を引くラインである。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/05/21(木) 11:07:37|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

半野良で人の家に住み着いている猫ですが、なれ方は微妙なところ。かなり攻撃をしてきます。
次に捕まるかどうかわからないので、今回の選択です。

「今回は手術なしにして、子育て終わったらもう一度捕まえてね。」というのがいいのですが、それができるかどうか悩むところです。
  1. 2009/05/22(金) 13:07:35 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

「子猫が捨てられたみたい・・」と電話があり、見ると、生後半年ほどの猫。体重1.5キロ。
「不妊できる月齢でしょう」と手術すると・・何と、妊娠していました。
「ひぇ~。小娘のくせに・・」。
獣医師も、まさか妊娠しているとは思わず、術中に歯を調べて「老猫ではない」と再確認・・いやいやいや・・これだから危なくてしかたない・・。

授乳中の不妊を嫌がる獣医師もいますが、乳腺を傷つけないかぎり、授乳できるようです。

外暮らしの猫の手術開始直後に獣医師が「うん?!」。
「何?。どうしたの!?」。
「いやあ・・。産道が開きかけていますよ・・」。

前日はトコトコ逃げた猫が翌日は座ったまま。
「やっぱり手術してほしくなったの?」と病院に運び込んだのですが、「産む体勢」に入って移動できなかったらしい・・こちらもギリギリセーフ!の出来事でした・・。

子猫、今の時期なら貰い手が見つかるでしょう・・。
これから・・7月、8月になってくると・・混戦状態になります・・。嗚呼・・。
  1. 2009/05/22(金) 09:30:48 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

まってーー

って遅いですね。避妊手術をしちゃうとおっぱいの出が悪くなる
事が多いので、終わってからの方が本当はいいですよ。
こっちも病院に連れていったら午後生まれてしまいまいましたが
先生は手術をしないでいったん子育ての為にそのままかえしました。離乳後手術予定です。しかし子猫の需要はありますね。
すでに里親決定しています。もちろん譲渡の際去勢避妊、
完全室内飼いをしてもらう約束です。
  1. 2009/05/22(金) 05:59:39 |
  2. URL |
  3. m #hSCFVYi.
  4. [ 編集]

私も昨年4月に捕獲して病院に運んだ雌猫が、手術の日の朝、4匹の仔猫を産み、そのまま親子で我が家に二ヶ月間ホームステイ。4匹の仔猫は無事里親さんが決まり、我が家から巣立った後に、母猫の手術をしたのですが、出産直後でも良かったのですねー。知りませんでした。
  1. 2009/05/21(木) 22:57:39 |
  2. URL |
  3. すみちゃん #J9NoFIoU
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/21(木) 21:35:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1253-63928aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。