地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

東京都23区子猫ひきとり数

konekohikitorisuu.jpg

konekohikitorisuu2.jpg

地域猫やTNRが普及すれば子猫が産まれる数が減る。
動物愛護センターに引き取られる子猫の数も減るはずである。
そういう仮説を持っている。
行政に引き取られた動物の80%は子猫である。
処分されるのも子猫がダントツに多い。

子猫の引き取り数が減れば処分数も大きく減る。
ということで5年分の資料から数字を抜き出してみた。
区によって数字にかなり差があるが、すべての区で右肩下がりに減少している。
区の面積や人口や環境が違うから、一概にワースト順やベスト順に並べるわけにはいかない。
しかし、まだまだ努力で減らすことのできる区はある。

東京都のすすめる「飼い主のいない猫との共生事業」の効果なのか、
猫ボラさんたちの市民活動の効果か、
飼い主の意識の変化か、
要因はいろいろと考えられるが、いずれにしても良い傾向である。

banner_031.gif

どうぶつナビ:野良猫が庭でする、ふん尿が臭くて困る(5月6日 毎日新聞)

不幸な野良猫を減らすために=渡辺眞子(毎日新聞 2009年5月6日 東京朝刊)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/05/06(水) 13:23:42|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

さすが品川区、圧巻ですね。
行政はそろそろ「期間限定」「抽選」「事前申告のみ」という補助金交付体制から脱却してもらいたい。(ないよりはずっと良いですが)
  1. 2009/05/13(水) 04:31:36 |
  2. URL |
  3. ぴ #0f8TWzyY
  4. [ 編集]

生まれた子猫がすべて愛護センターに行くわけではなくて、里親探し活動に入ってくるのもいるわけです。

それ以外に捨て猫されて野良猫となったり、カラスのエサになったり、路上死体となって清掃局に収容されたり・・・・・

大きな河川のある区で数字が多いのは、遠方より捨て猫に来るケースがあるのではないか。

  1. 2009/05/07(木) 13:10:24 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

私の住む町でも、引取りが有料になってから処分数が減りました。
ただ・・巷に捨てられる猫の数が増えました・・。
  1. 2009/05/07(木) 10:06:57 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

こうやって表になったものを見ると、微力ながら少しでも成果が出ているのかな・・・と嬉しく思います。
とはいえ、まだまだ確実に処分されている猫がいるのが事実。処分数ゼロを目指して、頑張らなければ。
  1. 2009/05/06(水) 23:07:10 |
  2. URL |
  3. Rika #EvmDRqhQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1245-ffd0eba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad