地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネコは心のお薬

200904061.jpg

イケイケドンドンの躁の時代が過ぎて、今はウツの時代なのだと高名な作家が言う。 
鬱は心のエネルギーが蓄積されて外へ発散されない状態なのだそうだ。
実際に現代人は閉塞されている。

狭い部屋で過ごす時間が多い。
いつも鉄の箱に乗って移動する。
空を見ても高層ビルで視界は閉ざされている。

都会はドンドン自然を破壊している。
人は数字と言葉に支配されて、もはや逃れることができない。
効率を追い求め、権利を主張し合って、人はうごめいている。

しだいに心も閉塞されていく。

行き場のなくなった心を癒す方法は人それぞれだ。
酒やクスリに頼る人もいるだろう。
誰かに話を聞いてもらう方法もよい。

自然に触れることも心を癒す。
海や川や山の広い空間に触れること。
植物に触れること。
人より自然に近い動物に触れること。
たぶん多くの人がすでに実践しているはず。

人は自然に触れたとき、忘れていたことを思い出す。

さて猫である。
猫はたいへんによく効く心のお薬だ。
寂しさに効く。
つらいことを忘れさせてくれる。
ボケの予防にも効く。

しかし増えすぎれば毒にもなる。
うまく共存していくにはさじ加減が必要だ。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/04/06(月) 13:18:45|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

一気によんでしまいました。
私も、縁があってネコを飼うことになりました。
ネコは、メロンの販売所の小屋でうまれました。
おむすび屋さんだったので、ネコはご法度。
でも、事務所というスペースを作って、何とか急場をしのいで
かっていました。今は、別の山の中で飼っています。
目下の心配は、キツネに食べられやしないか、
トンビに攫われやしないかです。
一人っ子ネコは、遊び相手がほしそうなので。
そろそろ、去勢してあげなきゃ、オスなので。
  1. 2009/04/11(土) 11:38:55 |
  2. URL |
  3. miy #-
  4. [ 編集]

そういえば、
猫には「人を招く」と「福を招く」という効能もあった。
  1. 2009/04/10(金) 12:57:07 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

うちの主人の歯科医で私は、歯科衛生士で猫ボランテァをやってます。主人の先輩歯科医師は、猫を7匹飼っていて。診察室も猫は、出いり自由、「猫が嫌いな患者は、来なくていい」といってますが家族の誰も30年間、病気なんかなってません








  1. 2009/04/10(金) 12:04:59 |
  2. URL |
  3. キキママ #92eFZkuY
  4. [ 編集]

7~8年ほど前から具合が悪く寝込むことも頻繁にあり
薬漬けの日々でした。
しかしながらたくさんの病気の猫のお世話をするようになってから
「猫療法」とでも言いましょうか?
「猫がいるからねこめない」な~んてジョーク飛ばしながら
TNRと猫15匹の世話をしています。
薬だったはずが、毒になってきそうな勢いです。
うちは基本が大さじだし。。
  1. 2009/04/07(火) 17:48:49 |
  2. URL |
  3. と・ろ・ろ #-
  4. [ 編集]

本当に!!

思わず「うんうん」と読ませて頂きました!!
撫でた時の表情を見てると、日々の煩わしさや悲しみを癒やしてくれますね!!
私事ですが、昨年末・今年に入ってと2頭病気のコを保護しました(1頭は末期癌で亡くなりました)
ずっと野良生活でしたから初めは噛む蹴る引っ掻くと大変でも、
初めて強制給餌でゴハンを食べさせた瞬間ふっと体の力を抜き、それからは強制給餌や投薬にも協力的になり、
目を細めてゴロゴロ言うようになりました。
保健所から救出した元野良の家猫も口内炎ですが、
暴れて大変だった歯磨きやサプリで改善してくると、今はちゃんと理解して歯磨きの間ずっとゴロゴロ言います。
こんなふうに人の愛・思いを理解してくれて絆が深まるのを感じると、
言い表せないくらいの喜びがありますね(^-^)
猫を物のように思ってる方もいますが、愛には愛で応えてくれる感情豊かな動物だと知ってもらえたら、きっとその人の心も潤うのにな~と思います。
  1. 2009/04/07(火) 01:03:59 |
  2. URL |
  3. MINMI #-
  4. [ 編集]

あれれ・・。どなたでしたっけ・・。

妹さんが開業歯科医で、猫が診察室まで出入りする状態。
その妹氏が病気になり、病院で「猫を捨てなさい!」と言われて立ち上がったのは兄氏。

「妹が病気になったのは猫のせいではない!。不潔な環境にいるせいだ!」と擁護して、嬉し悲し(?)の感謝をされたのは・・忘れたけど、高名な医師だったと・・。

アマゾン川・メコン川・・あのドロ水の中で遊び、排泄し、料理もする住民の子供たちは全員お肌ツルツルで一人としてアトピーはいないそう。
ただ、赤痢などの感染症での死亡率は高いそう・・。
これは回虫先生のお言葉でした・・。 
  1. 2009/04/06(月) 22:24:02 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

一般的にアレルギー科の医者と精神科の医者は言うことが違うと感じている。
片や猫は毒だ。
片や猫は薬だ。
精神科医のなだ氏らしいお言葉。
  1. 2009/04/06(月) 20:14:05 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

そうですね・・。

コンクリートジャングルに囲まれた不自然な生き方をしている人類は、自分も動物であるがゆえに無意識に「自然」を求めている。
一番身近な自然が、動物と一緒に暮らすことだ、と、なだいなだ氏が講演会で言っていました。

然り、ごもっとも!。 
  1. 2009/04/06(月) 18:33:25 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1237-fafda05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。