地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

地域猫の作り方

すでに個人でTNR活動をやっている人が、地域猫にしようとする場合、具体的に何から始めたらいいのだろうか?

【1】とにかく誰かに声をかけて仲間を集める。
エサやりをしている人、猫の被害に困っている人、処分数を減らしたいと思っている人。猫に対する思いや考え方は違っても、ノラ猫を減らしたいという人なら仲間になれる。

【2】グループ名を決める。
野良猫問題は環境問題の一部分というとらえ方もできる。だから猫にこだわる必要はない。環境とかエコといった言葉の方が印象が良い場合もある。「環境を良くするために野良猫を減らす」このことをスローガンにするのが良い。

【3】これまでの活動内容のレポートを作る。
どこにどのくらい野良猫がいて、不妊手術がどのくらいされているかを書く。
レポートは行政に報告するためである。いちばん身近なところは保健所の犬猫担当係。バインダーとレポートを持ってここへ行く。
話の持って行き方は、
「野良猫を減らす活動をやっています。これまでの活動報告書を作りました。受け取ってもらえるでしょうか? そしてこのバインダーを保存してもらえるでしょうか?」
この段階で受け取りを拒否されることはない。むしろ歓迎される。保健所などでは野良猫の苦情という情報はたくさんもっているが、野良猫の分布やTNR活動の情報は不足している。両方の情報がそろえばできる対策も変わってくる。
バインダーで保管してもらうのは、継続的に報告書を受け取ってもらうという意味と、担当官が代わっても引き継ぎをしてもらう意味である。

【4】TNR活動をやりやすくするために、行政マンに仲介してもらう。
町内会や自治会に地域猫を持ちかけても、話すら聞いてもらえない場合がある。動物愛護団体や猫ボランティアに対する信用度が高くないからだろう。行政が知っている活動ならば、耳を傾けてもらえる確率がぐっと高くなる。
保健所や町内会が知っている活動になれれば、TNR活動はずっとやりやすくなる。
トラブルに巻き込まれる確率もかなり低くなる。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/17(水) 14:26:34|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1174-7f3d1125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad