地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここは野戦病院

捕獲された野良猫は怒っている。
狭い檻に閉じ込められても、その瞳は闘志に燃えている。体中にアドレナリンが巡り、人間をにらみつけ反逆の気を発し続けている。
カーッという威嚇音と同時に、不自由な左手で猫パンチを繰り出す。
飲水の入った皿がひっくり返る。
と同時に血しぶきが周囲に飛び散る。
左手の先はない。
手首から少し上の部分がきれいに切断されている。切断面の肉が露出して血が滴り落ちている。
何度も何度も空しい猫パンチが檻や床を叩く。
そのたびに血しぶきが散る。
痛いはずである。痛みを感じていないのだろうか。怒りは痛みを麻痺させるのかもしれない。
かなり前から左手はなかったようだ。
エサやりさんがそう言っていた。おそらく電車事故であろう。
自動車の場合これほどきれい切断されることはない。実際この猫は電車の線路をよく横断していたそうだ。
歯を見るとかなり年をとっている。一瞬の油断が招いた事故だろう。野良猫としてうかつだった。
足一本なくたって野良猫は生き続けていける。足二本だとたぶん無理だろう。一本でまだ良かったのかもしれない。
明日、肘から切断の手術を受ける。
それが最善の処置なのだ。肘より先の部分の切断だと歩行の時に地面に着き、体重をかける。肉球がない皮膚はクッションがないため擦り切れ破れる。そのため絶えず出血を繰り返す。破れた皮膚から細菌感染をおこしさらに上の部分までダメージを受ける。生涯にわたって傷は癒える事がない。
おそらく猫はそのことが理解できないであろう。
ただ怒りに身を任せる。
保護された幸運がわかるかどうか。
隣では息も絶え絶えの猫が横たわっている。これも野良猫。数日前保護された。明日はないかもしれない。
ここは野戦病院。
治してはまた戦場に送り出す。
すさまじき世界がここにもある。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/15(月) 23:16:05|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

私もTNR活動をしている一人ですが、それ以外でもけが、病気の猫を保護することが本当に正しいことなのか悩むことがあります。
自然の摂理に従えば消えていくはずの命なのに、と。
これは、人間についても同じことが言えます。
どこまで生きるのか、生かしておくのか。許される境界線はどこなのか。
非常に悩みますが、それでも傷ついた命を見たら放っておけないのが人情なのですよね。
それでこその野戦病院。
戦争ばかりでなく、世界は戦いに満ちているから。
  1. 2008/12/16(火) 16:39:04 |
  2. URL |
  3. らいか #-
  4. [ 編集]

かわいい猫、きれいな猫は貰ってくれるヒ人が見つかるかもしれません。
本当に「猫好き」なら、こういう、外では生きていけない猫を飼って欲しいものです。
  1. 2008/12/16(火) 09:30:05 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

猫に代わって 「ありがとうございます。」と言わせて下さい。

  1. 2008/12/16(火) 01:29:52 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1173-464b4439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。