地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野良猫へのエサやり問題?法規制では解決できない

20080920.jpg

野良猫へのエサやりに初の罰則、東京・荒川区が禁止条例案(2008年9月19日 読売新聞)の記事を受けて。

犬が野良犬と飼い犬に分けられるように、猫も野良猫と飼い猫に分けられると考える人がいる。しかしこれは間違いだ。猫は犬のようにハッキリと線引きができない動物だ。

飼い猫でもなく野良猫でもない猫が現実にたくさんいる。
これはどういうことかというと、1匹の猫がある時は飼い猫であり、ある時は野良猫だったるするということだ。半野良とか通い猫とか呼ばれている。

猫というのはフラリとやってきて、居心地がいいとその家に住み着く。居心地が悪くなるとまたフラリと出ていく。エサ場と寝場所を何軒ももっていて、巡回して歩く猫もいる。

同じ猫がある家ではタマちゃんと呼ばれ、別の家ではミーコと呼ばれて可愛がられている。そういうケースは少なくない。

この場合、
人間の方に猫を所有しているという意識が薄い。猫も特定の人間に飼われているという自覚がない。自由気ままである。飼い主を選ぶのは猫の方だと言わんばかりである。猫とはそういう特性をもっている。

人との付き合い方も犬とは違う。主従関係というより、共存する仲間といった関係だ。こういう飼育形態は昔から続く日本文化のひとつである。

近年、室内飼い猫が増えてきた。行政もそれを奨励している。しかし長年の猫文化はそう簡単には変わらない。いまだに外に出かけていく猫の方が多い。

条例でエサやり禁止にした場合、野良猫なのか飼い猫なのかの線引ができなければ取り締まりはできない。国の法律では飼い猫にエサを与えないのが違法となる。今のところ猫にはこの線が引けない。法律家や役人が机上で考えることと実態はかなり違う。
この問題は法規制でなく、文化として緩やかに変えていくしかないのである。

この件で東京都荒川区では9/21?10/14パブリックコメントを募集します


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/20(土) 03:41:50|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

コメント

難しい問題ですね

たまたま検索でたどり着きました。ちょっと失礼します。

「近所迷惑も考えず餌をやるなよ」それは確かにその通り。実のところうちのすぐ隣が猫屋敷状態になっていて、結構いろいろと日常的に困っています。

でも、元々日本の猫は益獣して飼われていたもの。もともと実用の獣として遠い国からもらわれてきたわけで。それに世界史の観点からいっても、猫はその地域に住み着かせて鼠や蛇などを駆除させるってのが、最も古く基本的な猫の飼い方だったはず。

それ考えると、単に「いなくなればいい」とは思えないなぁ。
実際、うちの近所の猫がいなくなったら、鼠の害が確実に増えそうだし。

いるんだよね、鼠……いないようで、これが。
  1. 2008/12/14(日) 18:40:55 |
  2. URL |
  3. yakumo #ONVmrvNQ
  4. [ 編集]

この区だけの条例で野良が減るんでしょうかね。
自分で殺すのがいやで、わざわざ荒川区に捨てに来る奴
も増えるかも知れない。
それに、餌がもらえない猫は隣接の区へ移動するから
周りが迷惑しますよ。


  1. 2008/09/21(日) 23:47:43 |
  2. URL |
  3. 傍観者 #-
  4. [ 編集]

猫ボラさんたちの反発は「エサやり禁止」で問題解決をしようとする古典的な手法です。
迷惑なモラルのないエサやりは猫ボラさんたちの敵でもあります。でもエサやりをやめられると、猫が分散して周囲の猫ボラさんに迷惑がかかるのです。
この条例案はエサをもらえなくなった猫たちのケアについては何も対策を提示していません。
これから始まる地域猫事業には行政と地域の猫ボラネットワークが協働しなければうまくいきません。
猫ボラさんたちがもっとも嫌う「エサやり禁止」という手法でなく「繁殖制限」という方法を条例化すべきでしょう。
  1. 2008/09/21(日) 20:26:48 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

どうして反対?

別の新聞のwebサイトではこう書かれてます。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008092090070716.html

>荒川区は、杉並区の例を考慮し「住民が共同で世話をする『地域猫』などは対象外」と説明。八月から、猫の不妊去勢手術費用の助成をしている。

要するに、この条例はいわゆる「無責任な餌やり」を締め出そうって事ですよね。
「無責任な餌やりとは違う」と主張する地域猫推進派の人達が、どうしてこの条例に反対するのか、理解に苦しむのですが。
地域猫活動家がこの条例に反対するのなら、根っこの所で「地域猫活動も所詮はただの野良猫への餌やり」だと思われても、文句言えません。
  1. 2008/09/21(日) 18:55:40 |
  2. URL |
  3. 猫沢東 #vAmAYXDc
  4. [ 編集]

私もそう思います。地域猫をしている所が今まで苦労してやっと築きあげてきたことが台無しではないですか。捨てる人間、虐待する人間には軽すぎる罰則不妊去勢をしている人がこんな罰則で肩身が狭くなりやらなくなったら殖えるばかりなのがわからないのか、抗議したいです。
  1. 2008/09/20(土) 21:05:23 |
  2. URL |
  3. エマママ #bPnx6EUE
  4. [ 編集]

今朝の朝日新聞に掲載されていましたね。
野良さんに毎日ご飯をあげている人間としては、嫌なニュースです。地域の野良さんのTNRに精を出し、地域の清掃活動もやって、それでも肩身の狭い思いをしているのに、こんな記事が全国紙に載ると堪らないです。
うちの区でも一部でそんな話が出ていると保健所の担当者から聞いたばかり・・
餌やりもしないけど不妊去勢もしない・・となったら猫は増えるばかりなのに・・
もっとやり方があるのでは・・と思いました。
  1. 2008/09/20(土) 14:22:52 |
  2. URL |
  3. meimama #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1121-c0ebd415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫のRSS情報

最近、猫について思うことがあります。でもそれをここに書いてよいのか迷っています...
  1. 2008/09/20(土) 14:21:14 |
  2. 猫カフェ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。