地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

東京都品川区役所の地域猫事業の場合

東京都品川区では2005年から「飼い主のいない猫との共生事業」を行っている。
平たく言うと「地域猫のすすめ」だ。
区内の猫ボラさんを集めて何度も話しあって制度がつくられた。

地域猫をやりたいという町内会を募って、モデル地区に指定し、そこに不妊手術助成金と捕獲器貸し出しなどの支援を行っている。これまでに5つの町内会が地域猫活動を行っている。

モデル地区以外の野良猫への手術助成金枠もある。今年の募集は以下の通り。

対象となる猫:区内に生息する生後6ヶ月以上の飼い主のいない猫。
予定頭数:各回、オス4頭・メス10頭(抽選)
申請可能な方:品川区に住民登録のある方。(申請は1人1頭まで)
受付期間:第1回:H20年4月2日?11日
      第2回:H20年6月2日?13日
      第3回:H20年8月1日?13日
      第4回:H20年10月1日?10日
      第5回:H20年12月1日?12日
申し込み方法:品川区役所健康課の窓口で、申請書に記入して下さい。手術実施後の申請は、いかなる場合も認められません。
助成金額:オス3000円、メス6000円 区内の動物病院で手術実施後に、申請者の口座に振り込みます。手術完了証明書を提出していただきます。
その他:飼い主のいない猫を保護するのが困難な方には、トラップケイジの貸し出しを行います。
     手術完了後、猫にピアス等のしるしを付けて下さい。
品川区児童保健事業部健康課保健衛生係


さらに、地域猫のすすめを啓蒙する事業として、年に1回地域猫セミナーをやっている。次回のセミナーは以下の通り。

2008年品川区地域猫講演会「飼い主のいない猫とともに」

■町内会における地域猫への取り組み報告
■東京都動物愛護相談センター職員による講演
日時:6月28日(土)午後2:00?4:00
場所:品川区荏原第5区民集会所(品川区二葉1?3?37)
受付:午後1:30から
定員:先着90名
問い合わせ:品川区児童保健事業部健康課保健衛生係


品川区では飼い猫の手術助成金も別枠である。これについては指定病院のみ。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/03(火) 13:10:26|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1072-e4cd7960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad