地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

船橋ニャンポジウム

20080518.jpg

5月18日(日)千葉県船橋市で地域猫セミナー「船橋ニャンポジウム」が開かれた。
講師は黒澤泰氏と工藤久美子氏。
地域猫の動きは各地で広がりつつある。
行政マンも数名参加して、情報交換も行われた。
市民活動を行政が支援する「協働」事業が各地で広がっているが、地域猫を協働事業に取り上げる試みについて少し知識を得た。
地域猫の効果を知るために、欲しい数字がある。
町会や区ごとの子猫引き取り数と野良猫の苦情数だ。
地域猫を実践している区や町会ではその数が減っていると聞く。しかし具体的な数字を持っていない。グラフにできれば地域猫の効果が実証できるのだが。

★東京都品川区エコフェスティバル5月25日(日)で、地域猫を実践している町内会が共同で里親会をやります。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/05/21(水) 16:28:24|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1062-5b695eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。