地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

人も猫も高齢化

20080505.jpeg

今や猫も長生きをするのである。
20才以上の猫も増えてきた。そういう猫を亡くした人はまた猫を飼おうかどうか悩む。
猫がこんなに長生きするなら、あと20年、自分も長生きをしなくてはならない。年配の人なら躊躇する。
20年か・・・そんな先までわからない。

自分に何かあったとき、引き取ってめんどうみてくれる人がいれば飼えるが、それがなかなか見つからない。
そういう需要はある。

飼いたいけれど飼えない。

10才以上の猫を探して欲しいと頼む人が出てきた。人に良くなれていて事情があって飼うことができなくなったケース。そういう猫を探して欲しいと言う。今後そういう猫に需要が増えるかも知れない。
高齢者が安心して猫を飼うことができるシステムが必要だと感じ始めている。

こんな玩具が流行っている。
呼吸をしながら眠るぬいぐるみ猫だ。パーフェクトペットzzz
飼いたくても飼えない、そんな人への癒しグッズ。本物の猫にはかなわないが、心の寂しさを少しは癒してくれるかもしれない。
母の日のプレゼントにする人がいるかもしれない。

人も猫も高齢化。
そんな時代がやってきた。


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/05/05(月) 20:13:25|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

コメント

病院へ行き 先生と相談してまいりました
   
コバルジンとクレメジンについて なんですが
中身は同じですがクレメジンは人用 動物には流用という事になって
万一事故があった時に 責任の追及が出来ない という事でした
要は元からカプセルに入っているか自分で詰めるか と
クレメジンは1カプセル200mgなので 少し大きいカプセルになる という事
最初は慣れずに大変でしたが いまはもうだいぶ慣れまして
カプセル詰めも鼻歌交じり それよりカプセルの大きさが
飲みやすさ飲ませやすさの点で 3号カプセルがよろしかろう という事になりました
2号カプセルでも飲めない事はないと思いますが
均質化のためには 一日3回投与のほうが良いかとも思いました
   
ネフガードについては
今のところ先生の患畜さんにおかれては 効果無しの報告はなく
ただやはり 薬ではなく健康補助食品である事を念頭に とご注意をいただきました
我が子の便秘で コバルジンとネフガードを交互に与えては? と思いましたが
なにかの変化があった時に原因を特定出来なくなるので
両方与えるなら交互ではなく 検査から検査までを一期間として与えるように との事
   
ラキサトーンについては
オリーブオイルは一時的には良いが 長く投与するのは望ましくない と言われました
軟便にはならず滑りが良くなる と聞いて良しかと思ったんですが~^^;
やはり効果が薄いのと カロリーの問題があるそうです
活性炭はたぶんこれから生涯与えなければならないでしょうから
オリーブオイルに頼るのは危険かも知れませんね 他の不都合の元になる可能性があります
(現在は JC短毛三毛♀16才 3.8kgで特に肥満はありません)
ラキサトーンは量によっては軟便になり 見極めがむずかしそうで ちと不安がありますが
長期使用には望ましく たまたま品切れしていましたので また取り寄せをお願いしてきました
ちなみに 乳糖不耐の子には牛乳も効果有りなのですが 
タンパク質を多く含むので勧められない と言っておられました
腹マッサージも有効のようなんですが 家の子は撫でるのは好きですが揉むと逃げます^^;
マッサージが一番生理に影響が少ないと思いますので 頑張っていますけどね
   
長くなってしまってすみません こんな結果になりました
ちゃま坊さんにレクチャーをいただいての結果です ありがとうございましたm(_ _)m
これから長い闘病になると思いますが 頑張るつもりです
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
  1. 2008/05/13(火) 01:00:24 |
  2. URL |
  3. くー #B4Ayegp6
  4. [ 編集]

便秘や毛球対策にバターや食用油を使う方法があります。便をほぐしたりすべりを良くする効果を期待するのですが、
油は小腸で多くが消化吸収されるので、大腸まで届きにくいことがあります。また高カロリーなので、肥満の猫にはちょっと使いにくいかもです。
そこで油に似ていて吸収されにくいワセリンや流動パラフィンを使った製品が出ています。毛球の予防に使われているラキサトーンなどの商品です。

  1. 2008/05/12(月) 11:21:47 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

レクチャーをありがとうございますm(_ _)m
なるほど ネフガードは全体に安価のようでしたが
医薬品ではないからという事もあるんでしょうね
コバルジン・クレメジンが便秘傾向 ネフガードが下痢傾向というのも これで頷けます
   
家の子の最新検査値(四月二十五日)はCRE2.1 
ネットで見てみましたら 正常範囲の上限という見方もあるようです
家の子の先生のところでは1.8 ブログの友達の先生は1.5という事でした
   
コバルジンで便秘しているのが可哀想で でも健康補助食品のネフガードだけに頼るのも不安
クレメジンの件とも併せて 明日先生に相談してみようと思います
結果をまた報告させていただきます
   
現在は400mgのコバルジンを3カプセルに分け 三回で投与しています
当初は3カプセルを一度に投与していたのですが
均質にするためには分与のほうが望ましいと聞きましたので
正確に八時間置きではありませんが だいたい朝昼晩ていどに
合間に便通のためにオリーブオイルの これもカプセル詰めを2~3回
お陰でカプセル投与はだいぶ上達いたしました^^
便通がネックになりそうなので 気をつけていきたいと思っています
   
色々とありがとうございます
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
  1. 2008/05/12(月) 00:00:46 |
  2. URL |
  3. くー #B4Ayegp6
  4. [ 編集]

クレメジン

人医用のクレメジンカプセルが先に製品化されました。それを動物に使う獣医師が増えてきたので、コバルジンという名で猫用が発売されました。元は同じ薬です。
味がないので、カプセルを開けて猫のエサにふりかけるのが一般的な使われ方でした。だから猫用は初めからふりかけるような包装になったのだと思います。
コバルジンとクレメジンは活性炭を微小なマイクロカプセルに入れてあります。毒素や老廃物の吸着効率を高める工夫だと思われます。
ネフガードは後発の製品ですが、炭粉です。吸着の原理は一緒ですが、腎臓への効能は記載されていません。健康補助食品です。
  1. 2008/05/11(日) 22:57:31 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #-
  4. [ 編集]

またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!
  1. 2008/05/11(日) 16:40:04 |
  2. URL |
  3. サトシ #-
  4. [ 編集]

コメレスをいただきまして またブログを訪問してくださいまして ありがとうざいますm(_ _)m 
なんちゃって飼い主 猫の病気は初めてのようなもので なかなかに戸惑いながら
でも出来るだけ楽しみながやって行こうと思っています
まだ軽度の段階だからそんな事が言っていられるという事も 承知しているつもりです
と言いつつ 実際にその時がくれば またウロが来るんでしょうけど^^;
   
[クレメジン]の名は聞いていましたが 人用でしたか
てっきり猫さん用だと思い込んでいました つまり 動物病院では入手出来ませんね?
   
実は 家がお世話になっている動物病院は 昨年二月に開院されたばかりで 
もしかしたらちゃま坊さんも 昨夏の[ネコ文]でお会いになられているかも 
猫さんのシッコの事で講義をなさった [あしあと動物病院]の久保純先生とおっしゃいます
動物が喜ぶ獣医さん 私は初めてお会いしました 良い獣医さんは動物家族の宝物と思っています
まだ開院して間がなく ぜひ長く続けていただきたいと思うので
出来れば薬も 久保先生のところから購入したく 
本来の取り扱いはコバルジンだけでしたが ネフガードの取り寄せをお願いしました
(コバルジンのせいか便秘気味になってしまいまして^^;)
明日月曜日にネフガードをいただきにまいりますので クレメジンの事もお聞きしてみます
   
情報をありがとうございますm(_ _)m
この件をブログに書かせていただいてよろしいでしょうか
差し障りがありましたらお知らせくださいませ
  1. 2008/05/11(日) 15:07:50 |
  2. URL |
  3. くー #B4Ayegp6
  4. [ 編集]

ちゃま坊さん
>仲介のシステムがうまく作れれば良いのですが。

本当にそう思います!!!
各々がコンタクトを取り合う方法がないだけで、絶対条件の合う人たちがいるはずだと私も考えていました。
特に高齢者の方々はインターネットを介してということも難しいと思いますし、なんとか老若男女が利用しやすいシステムが作れないかと模索しています。
人も猫も各々の能力を生かして生活できる場があればと思い、現在少しずつ活動を始めています。まだ内部始動ですが・・・。
  1. 2008/05/10(土) 14:51:01 |
  2. URL |
  3. きゃうちゃん #8RI6yJNw
  4. [ 編集]

89才が抱えていた13才の猫の貰い手探しをしたことがあります。
高齢猫に環境の変化は酷かな、とも思いましたが、数日で、見事に適応しました。
(・・若い人に飼われて猫も若返ったみたい・・・)。

高齢猫は、見た目には健康そうでもこれから治療費その他がかかりますよね。

逆転の発想で、「ミルク飲み」のお世話などはいかがでしょう?。
仕事をしないでお家にいる方で、子育ての経験がある方なら、手取り足とり、文字通り24時間体制で育ててくれるでしょうし、新鮮な(?)命に触れて人も若返るかもしれません。
ただ、自分では「絶対」飼えないので育てるだけ、との強い意志も必要ですね。
「情が涌いたから・・」となったら・・最悪だ・・。
  1. 2008/05/10(土) 09:45:53 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

高齢者が安心して猫を飼えるシステムは可能だと思います。

途中で飼い主を亡くしてしまった猫もいるし、猫を亡くしてしまった高齢者もいます。需要と供給はたくさんあるのです。

仲介のシステムがうまく作れれば良いのですが。
  1. 2008/05/09(金) 22:00:56 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

はじめまして

最近ときどき拝見させていただいております。
私の地域でも野良猫の問題が出てきているので勉強させていただいてます。猫たちみんな幸せになってほしいので・・・。

さて、高齢者が安心して猫を飼うということですが、以前本で読んだ「猫の森」ではそういうシステムを作っているようです。
費用がいるので、全員が利用できるものではないかもしれませんが・・・。
高齢者の方も安心して猫を飼えるようになればもっとたくさんの猫たちが幸せになるだろうな、と切に思います。
  1. 2008/05/09(金) 21:48:06 |
  2. URL |
  3. きゃうちゃん #8RI6yJNw
  4. [ 編集]

コバルジンのカプセル

クーさん
ブログを拝見しました。話題になっているコバルジンのカプセルの件です。
コバルジンは猫用の製品名ですが、人医用でまったく同じものがあります。クレメジン200という製品名で1カプセルに200ミリグラム入ってます。猫だと1日2カプセルで400ミリグラムのコバルジン1包に相当します。
1箱1000カプセル包装、猫だと500日分です。
  1. 2008/05/08(木) 14:11:52 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

分かります、ソレ!

うちの実家がまさにそれです。
私が幼稚園の帰りに拾って買い始めた猫が
4年ほど前23歳(あとちょっとで24)で大往生しました。
ベッタリな甘えんぼさんだったので
いなくなったらやはり寂しくなってしまって。
その後私は結婚して家を出て
また猫を飼い始めましたが
両親はまた20年も長生きしちゃったら
コッチのほうが先に逝っちゃいそうだしねぇ。
と積極的に猫を飼おうという気にはなれないようです。

先日旅行で猫を預けた際はとても嬉しそうで
またいつでも預かるからね!なんて言ってるので
いい縁があればいいのに、と思います。

思わず初コメしちゃいました。
  1. 2008/05/08(木) 12:46:38 |
  2. URL |
  3. 親バカ2号 #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
おじゃましました。
またよらせてください。
  1. 2008/05/07(水) 22:21:01 |
  2. URL |
  3. ようじ #/.OuxNPQ
  4. [ 編集]

私もそろそろ高齢者の域で 今の子(この六月で17才)を送った後は
さてどうしようと戸惑いもあります
飼い主が先に行ってしまった猫さんを保護し 
新たな家族を見つけるためのシステムがあると安心ですよね
  1. 2008/05/07(水) 14:51:31 |
  2. URL |
  3. くー #B4Ayegp6
  4. [ 編集]

うちでは60歳以上の方の場合は保証人をつけてもらって譲渡しています。高齢の方に高齢の猫って、その猫を看取れるかどうかって意味ではいいんですが、高齢猫だといろいろ医療負担がかかる場合が多いので、経済的負担が出来るかどうかもネックになってしまいますよね。「年金生活だからお金が出せない」って言われることも多いので・・・。
きちんとしたシェルターが出来て、「一時預かり」みたいな感じで高齢者でも猫を預かってもらえるようなシステムが出来ると良いなーと思います。私も年取ったら「自分の猫」はあきらめて、猫一時預かりボランティアを目指す予定なのです。
  1. 2008/05/06(火) 11:14:20 |
  2. URL |
  3. koyuki #zlAQJbYM
  4. [ 編集]

「10才以上の猫を探して欲しい」
ケースは違いますがすごく分かります

うちの猫は昨年病気で9才で逝ってしまいました
その時お寺の人に「まだ若いのにね」と言われてから
10才だったらどんなだっただろう?
11才だったらどんなだっただろう?
最近は20才を超える子もざらにいるらしいし・・と考えてしまいます
10才以上で事情があって飼うことができなくなった猫と縁があれば一緒に老いていってみたいと思ってしまうのです
  1. 2008/05/05(月) 22:47:36 |
  2. URL |
  3. mao #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1059-6eb4bce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad