地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脱走の仕方その1

200404131.jpg
200404132.jpg
200404133.jpg
200404134.jpg
200404135.jpg
200404136.jpg


国内で販売されているペットケイジのほとんどは、小さな猫の脱走が可能である。
まずケイジの中で暴れて横倒しにする。
底のすのことトレイが倒れる。
底の部分の格子は広く作られている。
猫は頭が通れば穴を通過できる。

これはどういうことだろう?底の格子の穴が広いのは、経費の削減か軽量化のためだろうか?
頭の小さな猫は要注意だ。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/04/13(日) 13:31:10|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

T社のメーカー品でもそうなのですか?。
私はてっきり、格安商品のI社製品に変えたからと思っていた・・。
これは商品改善抗議運動をする価値があるかも?。
と言うより、不買運動か・・。
売れなければ改善するでしょ?。多分・・。
  1. 2008/04/14(月) 22:05:56 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

旧型が製造中止になったとき、T社に意見を送りました。新型は旧型よりも脱走しやすくなったからだ。
答えは
「貴重なご意見ありがとうございます。検討させていただきます。」
でした。
あれからだいぶ年月が過ぎた。
  1. 2008/04/14(月) 13:39:03 |
  2. URL |
  3. ちゃま坊 #vp8meGQs
  4. [ 編集]

ええっーー!。
今、慌てて家中のケージを点検しました。
1台を除き、旧型(?)東京ペット製でした。
この1台は安価なので購入したものの、作りがチャチなので外猫捕獲には向かないと、家猫ハウスとして使用しているもの。
思えばケージも安くなったものですが、所詮類似品?。
使い勝手に支障がでると安くもない買い物になります。
倒して底から脱走は、メーカーも想定していないでしょうから、改善依頼してみれば・・変わるかな?。
  1. 2008/04/14(月) 09:45:38 |
  2. URL |
  3. ワタシ #-
  4. [ 編集]

困ったものです

最近の折りたたみ式ケージ、使いにくいですよね。
以前の東京ペットのタイプが良かったのに。何で使いにくく改良されるのか謎です。古いタイプのものを大事に使っていますが、貸すと雨ざらしになって帰って来ることがあって泣けてきます。
ノラにとっては貴重なケージ・・・皆さん大事に使いましょう。
  1. 2008/04/14(月) 03:03:14 |
  2. URL |
  3. koyuki #zlAQJbYM
  4. [ 編集]

この経験ありますっ!

アライグマ(チビ)に脱走された経験あります。
下のトレイをめくって、まんまとお外に出ていました。
家庭内脱走だったから良かったですが...。

本当、どうして床面の格子は目が大きいんでしょ?
メーカーさんに検討していただきたいですよね~。
  1. 2008/04/14(月) 01:14:41 |
  2. URL |
  3. ぽて #tHX44QXM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1055-cf99f8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。