地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妊娠猫のTNR

200803302.jpg

桜が咲く時期と猫の出産は毎年重なる。
毎年3月はメス猫の多くが妊娠している。妊娠猫のTNRにはいろいろな意見がある。
妊娠猫の不妊手術は堕胎ということになる。堕胎には抵抗感を持っている人がたまにいる。宗教とかの問題が関わることもある。人間のケースを持ち出す人もいる。

いったいどこで線を引いたらいいのか?
TNRを始めたばかりの人は大いに迷う。
野良猫の場合、妊娠かどうかを判定する明確な基準がない。外から見て、お腹が大きそうだからそろそろうまれるのでないか、といった、かなりアバウトな判定である。単なる肥満が妊娠と間違われることもある。胎児の数が少ないと妊娠が出産までわからないケースもある。
妊娠猫の不妊手術はやらない主義だと言う意見もある。しかしどこで見分けるのかはむずかしい。受胎から1ヶ月くらいの間は見ただけでは誰もわからないのだ。捕獲した猫をすべてレントゲン検査やエコー検査をするというのは現実にはやられていない。検査しても1ヶ月以内の妊娠はわからないことが多い。検査をして妊娠がわかった場合、リリースして次に捕獲できる保証はない。

長く猫ボランティアをやっている人たちは、経験的に線を引く場所が決まっている。
それは出産である。出産まではTNRの努力を続ける。
産道を通り母体から出て、空気を吸って産声を上げた所に一線を引く。生まれ出でた命は何とか育つように応援し努力する。子猫がうまく育てば良い里親が見つかるように努力する。母猫の次の妊娠は
絶対に阻止する。
現実にやられているTNR活動のほとんどはこれである。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/03/30(日) 22:05:14|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

長く猫ボランティアをやっている人たちは、経験的に線を引く場所が決まっている。
それは出産である。出産まではTNRの努力を続ける。
産道を通り母体から出て、空気を吸って産声を上げた所に一線を引く。生まれ出でた命は何とか育つように応援し努力する。子猫がうまく育てば良い里親が見つかるように努力する。母猫の次の妊娠は
絶対に阻止する。


私もこれに異論はありません。
先生に「おなかに ○○匹居ました。」
とか言われるのは辛いですが。
  1. 2008/04/01(火) 11:43:52 |
  2. URL |
  3. 英斗 #-
  4. [ 編集]

カゴの中で出産

去年、不妊手術のために保護した猫が、カゴの中で出産してしてしまうと言うケースが、2件もありました。
夜保護し、翌朝病院に連れて行こうとして車に乗ったら、たくさんのかわいい声がビービー言っているのです。
正直言ってガックリしましたが、直ぐに母子を飼育用のケージに移し、1箇月の間は、母猫に子猫を育てさせました。
母猫に1箇月育てさせたのは、子猫にとって初乳が大切なことと、出産後1箇月を経過しないと、母猫の不妊手術はできないからです。
2匹の母猫がそれぞれ3匹ずつ、合わせて6匹産んだのですが、途中で死亡した1匹を除く5匹が無事に成長し、4人の里親さんにもらわれて行きました。
人慣れした母猫1匹も里親さんにもらわれて行き、もう1匹は改めて不妊手術をした後、元いた場所でリリースしました。
私のHPでも、里親さんからの写真を掲載しています。良かったら、のぞいて見て下さい。
http://homepage2.nifty.com/hitotoneko/
この世に産まれた命は、どんなことをしてでも、助けたいと思います。
  1. 2008/04/01(火) 05:49:27 |
  2. URL |
  3. nekoQ #XOTXHbOw
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/31(月) 18:34:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1048-f39ffb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。