地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

地域猫報告会

2月10日 杉並区で地域猫勉強会があった。今までの研究報告をやった。
ブログやホームページでやっていたことを、集会施設で多くの人に見せるにはどうしたらいいか。
パソコンの画面をプロジェクターを使ってスライドショーをやればいい。
スクリーンに投影された写真や絵の説明をしゃべればいい。
今やデジカメやパソコンをもっている人は多い。これなら誰でも地域猫活動報告ができる。

最近プロジェクターとスクリーンをレンタルできる公共施設が増えてきた。
パソコンも貸してくれる所がある。ほとんどのパソコンにはマイクロソフトのオフィスというソフトが入っている。このソフトの中にパワーポイントというプレゼンテーションソフトが入っている。
デジカメで撮った写真をパソコンに入れておき、パワーポイントでファイルを作れば、小さなメモリーカードやUSBメモリーなどに入れて持ち運びができる。

パワーポイントというソフトが入っていないパソコンを使っている人は、「超五感プレゼン」というソフトでファイルを作ると良い。パワーポイントと互換性があるので、報告会でプレゼンテーションをやるだけならじゅうぶんに使える。1980円と値段も安い。http://www.sourcenext.com/products/5pre/

地域猫勉強会や里親会などは野良猫ボランティアのネットワークを作るのに大きな力になる。
一人で悩みながら野良猫不妊手術をやっていた人は、そういう場所に行ってみるのが第一歩。同じ悩みを抱えた仲間がたくさんいる。仲間になって自分の実情を伝える。
仲間ができれば地域猫だって夢ではない。町内会や行政にだってモノを言う勇気が出てくる。
地域猫は一人ではできない。
まず誰かに知ってもらうことから始まる。

顔を合わし、言葉でしゃべり、写真や絵で伝え、自分の意見をみんなに知ってもらう。
そういう交流の場が各地で多く開かれると、地域猫はもっと広がる。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/11(月) 20:22:29|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

愛される猫作りですね。地域猫活動は大変な事ばかりかと思いますが、一人一人の意識が変わらない事には不幸な猫が増えていくだけなので、小さいことでも、行動から。
誰も好きで地域猫を作ってるわけじゃないんですけどね・・・
本当は一匹、一匹に大事にしてくれる人がいる。
途中で捨てない、子猫の時だけ可愛がって大きくなったらポイ、そんな人間がいなくなればいいんですけど。
自分勝手で優しくない人間が多い世の中で、野良猫も住みにくくなったもんんだ。毎日応援しています。ここで勇気を頂いています。がんばれ~~~気持ちが届きますように。
  1. 2008/02/12(火) 03:34:25 |
  2. URL |
  3. しゃー #SMaUOM06
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noranekogaku.blog8.fc2.com/tb.php/1027-c70bc428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad