FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

野良猫にマイクロチップの課題~3m離れて読めるかどうか

マイクロチップc
マイクロチップリーダー

この10年で耳カットは普及した。都内を歩いて見かける猫の多くは耳カットしてある。
外猫の個体識別方法にはいろいろな試行錯誤があったが、今のところ耳カットと写真が見分ける標準である。
普及したポイントは以下である。
■捕獲しなくても、だれでも見分けられる。
■生涯に渡って識別できる。
■大きく健康を害しない。

マイクロチップも20年以上の歴史はあるが、外猫の識別にはほとんど利用されていない。
なぜか
まず情報を読み取るリーダーという機器を持っている人が少ない。
持っていても、さわれる距離まで近寄らないと読み取れない。(今のリーダーは読取距離3cm)
読み取れても英数字の羅列で、解読するにはさらに手続きが必要となる。

外猫の個体識別として普及するには現在の性能のままではダメだ。
改良点を以下に提言する。

■3m以上離れていても読み取れること。
■リーダーの値段が安く多くの人が持てるようにすること。
■TNRの年月日、場所、動物病院くらいの情報はだれでもその場で読めるようにすること。

スマホのカメラでQRコードを読み取れば、実に多くの情報がわかる時代になった。マイクロチップのシステムももっと進化できると感じる。


  1. 2019/03/02(土) 12:32:01|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2