地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつまでもあると思うな「子猫待ち」~6月の仔猫譲渡率が高いわけ

子猫待ち

生後2ヶ月の年間仔猫グラフ

子猫を欲しい人は年間通して一定数はいる。
しかし保護猫譲渡会では、子猫の多い季節といない季節の差が大きい。
11月から4月までは仔猫があまりいない季節といえる。

この時期に子猫を欲しい人たちの空席が蓄積されてくる。
5月に子猫が出始めると、空席は順番に埋まっていく。
6月までは「子猫待ち特需」と言える状態で、譲渡率はかなり高い。
「子猫待ち」がほぼなくなる7月以降は、子猫も大きくなりライバルも増えて苦戦を強いられる。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/06/05(月) 14:01:50|
  2. 猫もらい手探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。