FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

蚊と野良猫

201107191.jpg

蚊刺症

蚊が多い場所に暮らす猫にアレルギー性皮膚炎ができるのがよくいる。
左右の耳外側と鼻梁の3ヶ所によく見られる。

触ると粟粒くらいのブツブツがいくつかできている。
赤くなっている場所とカサブタになっている場所と出血してジクジクしている場所もある。
脱毛したり毛の薄い部分が蚊の攻撃を受けやすい。
カユミが強く、掻き壊して出血するとさらに蚊が集まるように思える。
薮の多い公園猫によく見られる。

毎年5月中旬から10月まで続く。11月になると自然に治る。
ピークは8月。同じ猫が毎年発症する可能性が高い。
アレルギー反応なので、アレルギーを抑える作用の強いステロイドが効く。
しかし蚊に刺され続けている間は完治はしない。

親子兄弟でもアレルギーが出る猫と出ない猫がいる。
年齢と共に体質が変わってアレルギーが出にくくなる猫もいる。


2011年7月31日(日)猫の譲渡会「Neko Chu」開催します
★譲渡会場となりで猫ボラ会議も開催します。14:00~16:00

人気ブログランキング 猫
banner_031.gif

にほんブログ村ランキング地域猫
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2011/07/19(火) 18:06:27|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10