FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

事故か虐待かの判定

201005261.jpg


野良猫生活には危険がいたるところにある。

現在保護中の猫は、首の皮膚が広範囲に欠損していた。
皮膚が壊死して脱落したものだ。
捕獲当初、腐敗臭が強くミイラ化した皮膚の一部が付着していた。

警戒心はあるが攻撃性はないので、治療と保護には順応してくれる。
現場の状況は、河川沿いの食品化学工場隣接地。

外傷の部位と現場の環境から交通事故の可能性は低い。
猫のケンカによる化膿で皮膚壊死する場合もあるが、ちょっと傷が大きすぎる気もする。
広範囲の皮膚壊死はヤケドの疑いを持つ。
ヒゲや毛に焼け焦げた形跡はない。ヤケドの場合熱湯や薬品や熱い鉄板などが想像される。

工場内だと危険物がいろいろあるから、事故とも考えられる。
近隣で同じ被害の猫が3匹以上出れば、虐待の疑いも濃くなる。
猫のケンカの可能性も捨てきれない。

虐待か事故かの判定は難しい。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/05/26(水) 08:28:35|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2