FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

加藤一二三猫裁判、野良猫問題にエサやり禁止は有効か

野良猫にエサをやっていた加藤一二三氏が訴えられて、敗訴となった。
敷地内でのエサやり禁止という判決が出た。

前回猫ボラ会議では「困ったエサやりさん問題」をやった。

実際の現場では、エサやり禁止になってもエサやりをやめない人がほとんどだ。
厳罰化になってもやめられない。
皆、見つからないように隠密行動になるだけだ。

どうせやめられないのだから、
せめてTNRをするエサやりになってもらおう。
掃除をするエサやりになってもらおう。
これが野良猫問題への有効な処方箋だ。
行政も最近そのような方針に変わってきている。

エサやりをやめた場合にも問題は発生する。
ほとんどの猫は他のエサ場に移動する。
すると、そのエサ場のエサやりさんから苦情が出る。

「TNRで猫が増えないように努力しているのに、猫が流れてきて増えてしまった。
 これはAさんがエサやりをやめたせいだ。」

隣接する町内会で地域猫をやってる現場にも猫は流れてくる。
エサやりさんどおしの対立に発展するケースもある。

次回6月6日猫ボラ会議は「エサやり禁止問題」を議題にする予定。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/05/14(金) 06:45:45|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8