FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

野良猫問題どうするか

野良猫が増えすぎて困った問題がいろいろと発生した場合。
出る意見は次の4つに分類される。

1.ほっとけ
2.殺してしまえ
3.追っ払え
4.地域猫

1の「ほっとけ」は多くの人が支持するかもしれない。
しかし問題解決にはつながらない。野良猫被害者はただ泣き寝入りするだけである。

2の「殺してしまえ」は法律の壁がある。犬は狂犬病予防法に基づいて捕獲殺処分ができるが、猫には適応されない。やるなら法律の改正をしなけばならない。。

3の「追っ払え」はよくある「エサやり禁止」だ。
もっともお手軽だが、お隣へ問題を先送りするだけ。厳罰化を徹底すればいいだろうと考える人もあるが、取締りが困難であるのも現実。

4の「地域猫」は時間もかかる、費用もかかる、効果もよく知られていない。
歴史もまだ10年そこそこ。

いろいろな意見の実現可能の確率を見てみよう。

野良猫を捕獲殺処分する法律を作るには、飼い猫の登録制と完全室内飼いの国民的大議論が必要になる。
この結論が出るまでに、かなり長い年月がかかるであろうと予想される。

エサやり禁止を法律で取り締まる場合にも、飼い猫か野良猫かの境界線が必要になる。
現在の法律では、飼い猫は外出自由だし、それにエサや水を与えないと違法行為になってしまう。

2月に環境省の作ったガイドラインは、現在の法律の枠の中で実現可能な方法は地域猫であることを示している。


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/05/07(金) 22:27:01|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5