地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲゲゲのまち、調布

朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」は現在、東京の調布が舞台になっている。
貸本屋というなつかしい文化が出てきた。
そう、
私にも貸本屋でマンガを読みあさっていた時期があった。
水木しげる作品もそのころかなり読んだ記憶がある。
調布という町、気になったので自転車で巡ってきた。

201004291.jpg

詳しい場所は書けないが、水木プロの近所で猫に出会う。
後ろの墓地が鬼太郎の生まれた舞台になっていたのかもしれない、などと想像する。

201004293.jpg

深大寺の参道にある鬼太郎茶屋。
昔来た時にはこんなのなかったはず。
一階は妖怪ショップで水木しげるグッズが売られている。
二階は妖怪ギャラリー。

201004294.jpg

深大寺から野川を抜けて調布駅へ向かう途中に、天神通り商店街がある。
商店街各所に鬼太郎、ねずみ男、猫娘、ぬりかべの像がある。
町は今、ゲゲゲの女房ののぼりと鬼太郎一色である。

妖怪ショップで「河童の三平」と「水木しげる短編集」を買ってしまった。

banner_031.gif
スポンサーサイト
  1. 2010/04/30(金) 22:26:40|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

捕獲器メンテナンス

捕獲器のメンテナンスは自分でやる。

よくあるのが、
フックのかかりが悪くなって、わずかな衝撃で作動してしまうケース。
この場合は、ラジオペンチを2つ使ってフックの角度を調整すると改善する。
可動部分には油を差しておく。
変形した場所もラジオペンチを使ってできるだけ修復する。

一番やっかいなのがサビの問題。
雨ざらしの場所に放置されたり、薬品をかけられたり、猫の尿やエサが付着したままだとサビやすい。

201004201.jpg

ホームセンターに行ってサビとりグッズをいろいろと買い集めてきた。

層になって厚みのあるサビは、マイナスドライバーや刃物ではがす。
次にサンドペーパーの荒目と中目をかける。
隙間や手の届かない場所は、割り箸にサンドペーパーを巻いて使う。
デコボコがあったり細かい部分はステンレスブラシをかける。
研磨剤入りナイロンは軽微なサビ以外は歯が立たない。

201004202.jpg

サビ取りクリーナーという商品を見つけた。
かなりベタベタな透明ジェルを、歯ブラシを使って塗り広げる。
数分間こすっているとサビが溶けてくる。
狭い隙間のサビ部分によくすりこむ。

201004203.jpg

厚みのあるサビはダメだが、薄いサビはほとんど取れている。
あとは濡れた布でベタベタを拭き取れと書いてあるが、これがなかなかたいへん。
ブラシを洗ってみたら、水に簡単に溶けることがわかった。
そこでブラシを使いながら水で直接洗い流した。

かなりきれいになった。

防サビ処置として水気をよく拭き取り、CRC556をスプレーしておくことが大切。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/21(水) 08:49:28|
  2. TNRの研究
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第2回猫ボラ会議終了

201004172.jpg

2010年4月17日(土)

議題:困ったエサやりさん問題

エサを片付けないエサやり

手術をやらないエサやり

理由

猫に祟られる、
かわいそう(手術への抵抗感)、
宗教上の理由(特に妊娠猫)、
お金がない、
捕獲ができない、
野良だから関係ない(自然がいい)、
仔猫が生まれるのが楽しみ(野良ブリーダー)、
手術はやると言うがいつまでもやらない






テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/20(火) 08:57:36|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

困ったエサやりさん問題について考える

次の土曜日4月17日に第2回猫ボラ会議をやる予定。
場所は猫の里親会NEKOCUBE会場内。時間はだいたい午後2時ごろから4時ごろまで。
お題は「困ったエサやりさん問題」

「エサやり」とという言葉でひとくくりにしてしまう訳にはいかない。そこにはいろんな人が存在しているからだ。
TNRの捕獲のために餌付けしている場合もある。
地域猫として管理しているエサやりもある。
手術の必要性を考えているが、やり方のわからないでいるエサやりもある。
どこで線を引いて「困った」に入れるかむずかしい。

一般的に困ったエサやりとは、手術をしないエサやり。
それからエサを片付けないエサやり。

どうやって手術をするエサやり、ルールを守るエサやりに変えていったらいいか。
みんなの知恵を集めたいと思う。

まずは
なぜ手術をしないのかという理由を集めて分類してみたい。



テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/14(水) 13:40:56|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

TNR リリースのタイミング

捕獲して手術した野良猫を元の場所へリリースするのはいつが良いか?
意見は様々ある。

麻酔の影響は翌日にはほぼ抜ける。
猫の場合、手術の傷はかなり早い速度で治る。3日目でだいたい70%くらい癒着している。そして通常1週間で抜糸可能である。

手術の影響から考えると、抜糸の必要のない猫のリリースは、手術後2?7日が良いということになる。

入院や保護期間が長ければ長いほど安全であると考える人が時々いる。
しかし、野良猫という特性を考えると、狭いケージに何日も閉じ込められるストレスはかなり大きい。

ストレスでエサをまったく食べない猫はよくいる。
何日なら食べなくても平気かというと、だいたい3日くらいという意見が多い。
食べないということは傷の治り方にも影響する。免疫力や内臓機能にもマイナスである。

ストレスは精神的なもの以外にもある。
痛み、暑さ、寒さ、空腹・・・

猫によって差があるが、どのストレスを一番に感じているか観察するのが大切だ。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/08(木) 11:26:16|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

猫と桜と自転車ナビ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。