FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

地域猫への予算は無駄にはならない

2010年、横浜市に動物愛護センターができる。
箱モノにかなりの予算をかけて国内最大規模を誇るようだ。

今まで横浜市は、本牧に畜犬センターがあるだけで、ここでは猫の処分ができなかった。
そこで、「横浜方式」と呼ばれる猫の処分方法が行われていた。
開業獣医師に1匹約1万円払って安楽死処分を委託していた。
委託費用に年間3000万円くらいの税金が使われていたようだ。
処分とはこんなに費用がかかるのだろうかと驚く。

さて地域猫である。
地域猫を推進している区や市がいったいどのくらいの予算をとっているか?
資料を見るとおおむねどこも数百万円である。
http://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/jyosei20.html
広報や啓蒙活動の予算を足しても1000万円を超えるところは少ない。

行政が地域猫を取り入れることを「税金の無駄使い」だという意見もある。
しかし動物行政全体から眺めると、どうもそうではない気もする。

大いなる無駄は処分にかかる費用ではないか。
すぐになくすことは無理だが、ここを減らしたいと誰でも思う。
減らすにはどうしたらいいか?

全国的に処分数の半分以上が子猫である。
地域猫は繁殖を止める活動だから、子猫の処分数を大幅に減らす効果がある。
処分数を減らす努力をしなければ、これからも多くの税金をつぎ込まなくてはならない。

20090830205330dbd.jpg

banner_031.gif

横浜で耳先カット猫・写真展開催(12月18日?19日)


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/18(金) 12:20:31|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9