FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

エサやリがいなくても猫は集まる

12月22日は何の日かというと、冬至である。
一年で一番日照時間が短くなる日だ。

この日を境に毎日、日が長くなる。
この自然現象は猫の発情のスイッチを入れるようだ。
俳句の季語で「猫の恋」は初春を意味する。
だいたい2月ごろが発情のピークになる。

この一週間、すでに発情のスイッチが入った猫が出てきた。
毎年、冬至前でも発情が始まる猫がいるのはなぜか、よくわからない。
人工照明も影響することはわかっている。
人と一緒に暮らす猫では、発情の季節がずれることがよくある。

メス猫に発情が来た場合、それを一番知っているのはオス猫である。
メス猫の発するフェロモンは四方八方の空気中に広がるようだ。
未去勢のオス猫はそれにつられて集まってくる。

猫にはナワバリのおきてがあるのだが、猫の恋の時期は、そんなこと言ってられない。
オレのナワバリを侵害したと、ケンカの声があちこちで起こる。
猫のケンカはかなり激しい。
夜中にけたたましい声があがる。

保健所にかかる野良猫苦情電話にも、「猫のケンカの声」は入っている。
これについて、エサやり禁止看板を貼ったところで何の効果もない。
不妊手術をしなければ止まらない。

地域猫の現場に若い未去勢のオス猫ばかりが集まってきたことがある。
ほとんどのメス猫はTNRが済んでいる。
猫ボラさんたちがおかしいと騒ぎ出した。
調べてわかったことは、
マンションの4階で、完全室内飼いのメス猫が発情していた。

20090830205330dbd.jpg

banner_031.gif







テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/15(火) 22:41:14|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3