FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

地域猫の効果を数字で示すには

事業仕分けで国の予算の見直しが進められている。
仕分け人を納得させるには、やはり数字がものを言うのだと見ていて感じる。

地域猫はどうなのだろうか。
国の予算ではないが、地方自治体や市町村レベルで「飼い主のいない猫との共生事業」予算を計上しているところがある。
もともと個人や市民グループの持ち出し金でやられてきた活動だから、行政からの助成金への依存度は高くない。
それでも何か数字で地域猫の効果を表す資料を持っておきたい。
寄付金を出してくれた人にも説明したいし、活動メンバーにとっても数字は励みになる。

地域猫が進むと、「最近野良猫が減りましたね。」という声はよく聞く。
しかしこれを数字にすることは難しい。何かないかとずっと探してきた。

現在候補に挙げているのが3つ

1:行政の子猫の引き取り件数
2:清掃事務所などの路上死体処理件数
3:保健所への苦情相談件数

地域猫は猫の繁殖を止める活動だから、子猫の発生率は減るはず。
子猫が減れば処分される子猫も当然減る。
路上で事故死や病死する猫も減る。
動物愛護センター、保健所、清掃事務所などには、これらの統計資料があると思う。

手元にある東京都千代田区の資料によると、
平成13年には猫の引き取り数67匹、路上死体291匹、苦情相談61件。
これが平成20年では引き取り数7匹、路上死体161匹、苦情相談29件といずれも減っている。

千代田区ではかなり以前から、不妊手術助成金制度などで地域猫活動を支援している。
これが数字になって表れてきているのだと言える。

20090830205330dbd.jpg

necommu-160x37.gif

banner_031.gif


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/01(火) 13:51:01|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

くろねこヤマトの軍手

200912011.jpg

宅急便のヤマト運輸オリジナル軍手らしい。
滑り止めのゴム部分が肉球になっている。
猫グッズマニアにはちょっとほしい逸品。


20090830205330dbd.jpg

necommu-160x37.gif

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/01(火) 08:57:13|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2