地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬猫と人の年齢換算

200908301.jpg

猫の高齢化が進んでいる。最近はすごく長生きするのが珍しくなくなってきた。
飼い猫で20歳を越えるものがかなり増えている。
これは医学の進歩のせいだろうか?

いやいや、ほとんど医者にかからないで長生きしている猫も多くいるからそうとも言えない。
まあ、衛生状態が良くなったのは医学の恩恵だろう。寄生虫や伝染病が少なくなった点は大きな恩恵といえるが、それ以外の要因の方が大きいのではないか。

一番大きな要因はキャットフードの普及ではないかと私は考える。
野良猫も今ではほとんどがキャットフードを食べている。
多くの猫が不特定多数の人からキャットフードをもらって食べているのだが、栄養のバランスの良さが猫の長寿にかなり貢献していると思える。

次の要因として暑さ寒さのストレスの改善をあげたい。
外猫でも冬の寒さを防ぐ場所があるのは飼い猫と同じくらい長生きができる。条件が良ければ15年以上生きる野良猫もいる。

犬猫の年齢換算は学者によってかなり意見が異なる。ネットで検索してもいろいろ出てくる。
共通しているのは、どれもおおむね猫と小型犬の20年を人の90?100歳に設定している。

私の頭の中にある計算式はこうだ。
最初の1年は人の20歳に設定する。これは生後8カ月で最初の出産が可能だからだ。
以後1年に4歳ずつ加算していく。
猫の10歳は20+4×9で56歳。
猫の20歳は20+4×19で96歳。
まあ猫は20年以上は生きることはないだろうというのが、一般の常識だ。しかしこの常識も最近揺らぎ始めている。

写真は20歳を過ぎた猫の前足の爪だ。
本来途中で抜け落ちるはずの爪が、新陳代謝が悪くなり抜けないでついたままだ。もう少し伸びれば肉に突き刺さり化膿する。1本の指だけでなく何本もの指で同時に観察されることが多い。
15歳以上の猫に多いので老化現象のひとつではないかと考えている。
老猫では爪の伸びる速度は遅いのが、4?6カ月に一度は爪切りをしてやる必要がある。

足腰の筋肉が落ちてくる。便秘しやすくなる。というのも老化のサインだ。水を飲む量が増えるのは腎臓疾患のサインのひとつだが、これも、もしかすると内臓の老化現象なのかもしれない。


banner_031.gif


20090830205330dbd.jpg
スポンサーサイト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/08/30(日) 22:02:20|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

耳にマークのある猫知ってる?

200908251.jpg

A4マット紙に2分割のポスター印刷設定でプリント。
張り合わせて組み立てるとA3のサイズのめくれるポスターが完成。
パネルボードに貼り付けてイベント展示用パネルの出来上がり。

答えを隠しておいて何かアクションをすると答えが出る。博物館の子供向けコーナーにこういう仕掛けの展示物がいろいろとあった。それがヒント。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/08/25(火) 18:16:27|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

イベント用パネルつくり

mimicutposter1.jpg

耳カットやイレズミを告知して、地域猫への関心を高めてもらおうというパネルを作ることにした。
パネルの下半分をめくれるようにして、そこに答えが出るように計画。
2ページめには街で見ることのできる耳のマークの写真を載せる予定。

mimicutposter2.jpg


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/08/24(月) 08:44:58|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京港区で猫の譲渡会?アメリカ移住でシェルター閉鎖

東京港区で猫たちを救う活動を長く続けてきたラボダさんが、来年アメリカに移住することが決まった。仕事の都合でやむを得ずということらしい。
これまで麻布台の店舗PGキャットマートで定期的に里親会を続けてきた。
現在も保護猫30匹を抱えているが、仲間の猫ボランティアさんたちが家で面倒を見られない保護猫も多くいる。
「なんとか年内に里親さんを探さないと」
猫ボランティアさんの情報ネットワークから告知を急ぐSOSが発信された。



港区・PGキャットマート ☆保護猫の里親会&ガレージセール

 8月22日(土) 10時30分?16時
 里親会とガレージセールの同時開催
 場所:PGキャットマート内 ラボタ別宅
     東京都港区麻布台1?1?3
     日藤ビル1F
     ?03?3585?4320
 最寄り駅:日比谷線神谷町駅 または 南北線六本木一丁目駅
 
詳細は、http://plaza.rakuten.co.jp/pgcatmart/


banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/08/20(木) 13:15:40|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「犬と猫と人間と」映画予告編



10月に東京渋谷ユーロスペースでロードショー

★公開予定劇場追加 
大阪府  第七藝術劇場 /愛知県  名古屋シネマテーク /神奈川県 川崎市アートセンター/ 京都府  京都みなみ会館/ 北海道  シアターキノ

banner_031.gif
  1. 2009/08/18(火) 08:54:30|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

江戸東京ねこづくし展

コメント欄に情報をいただいて行って来ました。
江戸東京博物館「江戸東京ねこづくし展」

期間:平成21年 8月13日(木)?9月27日(日)
休館日 毎週月曜日( ただし9月14日(月)、9月21日(月)は開館 )
開館時間 9時30分? 17時30分、土曜日は 19時30分まで(入館は閉館の 30分前まで)
会 場 東京都江戸東京博物館 常設展示室5階 第2企画展示室

200908162.jpg

江戸時代から今まで日本人はずっと猫と仲良しだった。
そういう資料を多く展示した企画だった。
天璋院篤姫の飼い猫サトは当時では珍しい16歳まで生きた。そのサトの食べていたものは?NHKドラマでは出てこなかった猫のエピソードも知ることができた。
猫と日本の文化人との関わりは深い。

猫がいなかったら今の日本の文化はなかったかもしれない。
そんなふうに思ってしまう。
猫は人に創作意欲を与える不思議な存在のようだ。

200908163.jpg

この企画では、現代の江戸の猫についても資料を展示している。
東京都動物愛護センターの資料も掲示されていた。

200908165.jpg

東京都で現在進行している動物愛護の観点から処分数を減らす地域猫の試みも紹介している。
平成19年までの資料をグラフにして展示していた。
東京都で一時1万頭を超える数があった処分数が5千頭以下に減ってきたグラフがあった。
これはまさしく地域猫とTNR活動が進んできた結果である

banner_031.gif
  1. 2009/08/16(日) 21:00:41|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日本の犬猫文化は変わるかもしれない

200908181.jpg

先日放送されたNHKテレビ番組「ペットは泣いている?激安競争の裏側で? 」は大きな反響があったみたいだ。これではいけない何とかしなければと誰でも思うだろう。

動物を処分する現場というのは今まで影の部分だった。
華やかでかわいくて楽しい部分ばかりに光が当たってきた。
法律でもっと厳しく規制をするべきだという声も出ている。
それも一つの方法だ。

処分数をゼロにすることはできないが、ゼロに近づけることはできる。

全国どこでも処分数の8割が子猫だ。そのほとんどが飼い主不明の猫から生まれている。
この蛇口を閉める活動が最も効果的に処分数を減らす。
つまりTNRや地域猫活動だ。

もう一つは受け皿を探す活動だ。
犬猫譲渡会が全国でもっとたくさん開かれたら、もっとたくさんの縁が見つかる。
ペットショップに犬猫を買いに行く前に、譲渡会に行く文化が育ってほしい。

犬猫の命をを助ける人たちの活動は、いままであまり光が当たらなかった。
華やかなペット産業の広告に比べて、宣伝が不足していた。著名人が飼っている血統書付きのペットの姿ばかりがマスコミに登場していた。

処分数を減らすには、
蛇口を閉める活動と受け皿を探す活動を、もっと知ってもらわなくてはいけない。

どのように宣伝していったらいいか模索している。
インターネットと映像の力はかなり強いと最近思い始めてきた。
ドキュメンタリー「犬と猫と人間と」は日本の犬猫文化を変えるきっかけになる映画かもしれない。
マスコミで映画情報を発信している知人に映画チラシを渡しながら、徒然と考える。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/08/14(金) 13:27:29|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドキュメントりー映画「犬と猫と人間と」10月映画館で上映

200908101.jpg

監督さん

見させてもらいましたよ
お客さんもみんな感動しているみたい
こんな立派な映画ができて私はうれしいよ・・・
しかも映画館で上映されるなんて

たくさんの人が見てくれたら、もっと多くの動物が救われるはず
このままではいけない、何とかしたいと思う人がもっと出てくるはず
やっぱり私の目に狂いはなかった
私は人を見る目はあるんだ
ありがとう監督さん

死んでいった動物たちもみんな応援しているよ
あたしも空から見ているよ


「犬と猫と人間と」ついに劇場公開決定
10月に渋谷・ユーロスペースでのロードショーが決定しました
飯田監督のブログ

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/08/10(月) 15:42:02|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

問題の母猫捕獲される

200908011.jpg

町内で子猫を増やし続けていた問題のメス猫がついに捕まった。
昨年から何人かのエサやりさんが捕獲器を仕掛けて狙っていたが入らず、昨日捕まるまでに3回の出産をされてしまった。
1回目の出産で生まれたメス猫はすべてこの春にTNR完了した。
2回目の出産で生まれた子は事故死したり育たなかったらしく、その後生存不明。
3回目の出産は今年4月。1ヵ月半後の6月に3匹の子猫をつれて歩く姿が目撃された。1匹はすぐに捕獲保護され飼い猫にすることができた。あとの2匹は捕まらず最近目撃情報もなくなった。
母猫が今回捕まったのはいろいろと要因がある。
まずエサ場が5ヶ所以上あることがわかったこと。どうも今まで複数のエサ場を巡回していたらしい。元も有力なエサ場のお店が捕獲に協力してくれた。
今回の捕獲は経験を積んだ猫ボラさんが担当した。
昨日手術が終わった。
妊娠中であった。1ヶ月後にまた3匹生まれるところだった。
4回目の出産はこれで阻止できた。

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/08/02(日) 07:24:26|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。