FC2ブログ

地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

地域猫への道のり

地元の地域猫を推進する活動を続けているのである。
世の中にはいろいろな考え方を持っている人がいる。
TNRから地域猫へと発展させるためには、実に多くの壁にぶち当たる。

猫嫌いには「繁殖制限などしなくても、エサやり禁止にして猫を追い払えば問題は解決する」という意見が根強い。
猫好きの一部からは「自然のままで猫は増えていない。繁殖制限などは必要ない。」という意見もある。

どちらも両極端な意見であるが、地域猫という活動ではどちらも巻き込まなくてはならない。
野良猫というひとつの対象を見る角度が皆違うのだ。
どちらにも見えていない現実がある。

追い払えばいいと考える人は、猫が追い払われた先の住人の迷惑は考えていない。
病死や飢え死にをすればいいという人は、死体を処理する立場の人の迷惑を考えていない。
自然のままで猫は増えていないという人は、仔猫が毎年どれほど死んでいるか現実を知らないのだろう。
エサやりだけをやっている人は、住民の迷惑が見えてこない。
野良猫の不妊手術ができることも知らない。
野良猫の捕獲方法もわからない。

知らせなくてはならないのは、
人道的に合法的に野良猫を減らす方法はTNRしかないこと。
野良猫問題は誰かが解決してくれる問題ではなく、みんなが協力しなければうまくいかないこと。
全国の行政施設で毎日処分されている動物の8割が子猫だということ。
伝えるべきことはたくさんある。
伝えてもすぐに理解してもらえるかどうか。
長い道のりかもしれない。

猫好きと猫嫌いの間に町内会や行政の中立的な立場が入ってくれると地域猫は動きだす。
動かすにもたくさんの人の協力が必要だ。


  1. 2009/07/21(火) 23:57:50|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4