地域猫の作り方

野良猫と地域猫の研究

品川区地域猫セミナー2009/6写真レポート

200906281.jpg
6月27日(土)14:00?16:00 品川区荏原第5区民集会所にて
講演「地域で考えよう!飼い主のいない猫との上手な付き合い方」?すみだ地域猫の会代表

200906271.jpg
活動報告:品川区飼い主のいない猫との共生モデル地区より

今年で3回目になる品川区地域猫セミナーが開催された。猫でお困りのご近所から解決策を探しに多数の方が参加してくれた。講演は「すみだ地域猫の会」代表から解決策のさまざまな選択肢をわかりやすく説明していただいた。
続いて、区の地域猫モデル町会として活動を続けている現場からの報告があった。

個別相談会では野良猫にかかわる様々な問題が寄せられた。

banner_031.gif



★TNR-Tシャツの納入は今週後半になりそうです。発送作業は7月5日を予定しています。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/29(月) 12:49:15|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

子猫の需要

200906251.jpg
Mさんの紹介の人から電話がかかってきた。
子猫を飼いたいという。
いい子がいたら見に来てすぐ連れて帰りたいというお話。

しかしまあ、今の猫ボラの世界では、
「飼育環境確認のためお届け」というのがルールになっている。
話を聞いていくと、ペット飼育が認められていない集合住宅らしい。
みんなも飼っていて黙認されている。というが
ちょっとそれでは紹介できない。
管理人が代わったり、隣人が代わったりすると、契約違反で追い出されるかもしれない。
残念だけどお断りするしかない。

banner_031.gif


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/25(木) 12:34:02|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地域猫セミナーのお知らせ?東京都品川区

【東京】6月27日(土)品川区地域猫セミナー


●○講演会詳細○●

1.講演会名

  「地域で考えよう!飼い主のいない猫との上手な付き合い方」

2.日時

 平成21年6月27日(土)14時?16時(開場は13時半です)

3.会場

 荏原第5区民集会所(住所:品川区二葉1-3-37,最寄駅:下神明駅)

4.申し込み 
                
 当日会場にお越しください。 
  
5.プログラム

(1)挨拶               
(2)講演「地域で考えよう!飼い主のいない猫との上手な付き合い方」
(3)活動報告品川区飼い主のいない猫との共生モデル地区より
(4)質疑応答

講演終了後、個別相談にも対応いたします。

お問い合わせ
品川区保健所生活衛生課庶務係
電話:03?5742?9132

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/22(月) 08:46:27|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アイムス?猫の里親探し支援プロジェクト

200906181.jpg

日本の猫のほとんどは自然に生まれてしまった猫である。
人が計画的に繁殖した猫はかなり少数派である。

人はいろいろな縁で猫を飼い始める。
子猫を拾ってしまったり、人からもらったり、野良猫がいつの間にか居ついてしまったりがほとんどである。

今の日本の現状は「猫の供給過剰である」
外暮らしでエサだけもらいに通う猫も多い。
愛護センターで処分される動物のうち8割が子猫である。
これを何とか減らしたいと活動を続けている人々がいる。

どうしたら処分数を減らすことができるのか?
まずTNRで繁殖を減らすこと。
そして猫の里親探しをすること。

かなり以前から個人やグループでそういう活動をやっている人たちがいた。
最近、行政の支援も得られるようになってきた。
でも
もう少し応援が欲しい。

と思っていたら、
「アイムス?猫の里親探し支援プロジェクト」が始まった。
アメリカに続いて日本の現状もぜひ紹介して、支援プロジェクトを進めてほしい。

地域猫活動の一端を企業が支援してくれるのはたいへんにありがたい。
「日本の処分数を減らす活動」を支援する姿勢は良い企業イメージにつながる。
そして良い縁を見つけた猫は、必ずキャットフードの消費者になる。

アイムス?猫の里親探し支援プロジェクト
日本の猫文化が変わり始めた。

banner_031.gif




テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/19(金) 00:04:37|
  2. 猫もらい手探し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

子猫の季節に突入した

200906172.jpg
昨年どうしても捕まらなかったメス猫がいた。
そのメスが産んだ子供たちが立派に成長して、3月に妊娠した。
母猫もまた妊娠しているようすだった。
今年も捕獲作戦をやった。
子供たちのTNRはすべて完了して、出産は防ぐことができた。しかし、母猫はまた捕まらなかった。
4月に出産したらしい。どうも子育てをやっているようだ。
6月に子猫は出てくるだろうという予想通り目撃情報が入ってきた。
そして生まれた子猫3匹のうち1匹が捕まった。
メスである。
シャーフー言ってたのは初日だけですぐに慣れてくれた。

それにしても子猫情報が毎日入ってくる。

banner_031.gif

アイムス?猫の里親探し支援プロジェクト

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/17(水) 12:48:21|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャットフードと野良猫問題

200906131.jpg

200906132.jpg

キャットフードという発明は猫文化に大きな変革をもたらした。
ドライフードや猫缶が普及してくるのは1970年代くらいからではないか。
それまで猫の寿命は10年くらいと言われていた。
キャットフード以前はご飯にカツオブシが定番だった。不足するタンパク質は小動物を捕食して補っていた。
今や20年以上生きる猫もときどき見かける。
多くはキャットフードの恩恵であろうと思う。
医療の進歩もあるだろうが、医療行為を受けない野良猫でも15年以上生きるのがいる。

キャットフードは進化を続ける。
最初犬猫兼用のフードもあったが、猫専門フードになり、年齢別に分かれてきた。獣医医療の世界ではすでに病気別に分かれている。
猫はますます長寿になる。

野良猫問題にもキャットフードは大きな影響を与える。
持ち運びが便利で保存性も高い。
夜間でもコンビニで手軽に買える。
キャットフードの普及によって、誰でも簡単にエサやりに参加できるようになった。

猫の寿命が延びて、繁殖が止まらないで、エサやりに参加する人が増えればどうなるか。
社会問題に発展してくるのは、猫の数が増えすぎた場合なのである。

banner_031.gif


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/15(月) 14:31:29|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TNRのRは何?

2009211.jpg

TNR(トラップ ニューター リターン)は世界共通語だ。

「のらねこ学入門」にTNRの紹介記事を最初に書いた時、TNRのRを「リリース」としていた。
英語のサイトでも「リターン」と「リリース」が分かれる。
意味としてはどちらでもいいのだが、
人間の立場から見れば「リリース」
猫の立場から見れば「リターン」

いちばん最初に考えたTNR-Tシャツのロゴは「リリース」になっていた。

人と猫の共存プログラム TNR

TNR-Tシャツ2009夏 注文受付 しめきりまであと2日

banner_031.gif

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/13(土) 08:40:04|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大学猫パンの生涯

200906121.jpg

パンは白黒のパンダ猫だった。
大学で生まれ失踪するまでの間はペンと呼ばれていた。おそらくペンギンのペンなのだろう。
大学ではたくさんの猫が暮らしていて、学生さんも職員さんも猫好きが多かった。

近隣の地域猫の現場に大学からエサを食べに出てくる猫が増え始めた。
大学は夏休みなど長期の休暇があるので、その時期はエサをもらえる回数が減るらしい。
猫ボラさんたちは困った。

猫の発生源となっている大学を何とかしようと、行政を交えて話し合いが始まった。
そして大学職員と近隣の猫ボラグループの協働で、大学猫のTNRと管理をすることになった。
2007年1月にペンは不妊手術を受けた。耳にピアスとイレズミのマークをつけられた。

半年後ペンは謎の失踪をする。
猫がエサ場やねぐらを変えることは珍しいことではない。
人に馴れている猫だと、どこかの飼い猫になっていることもある。
猫ボラさんたちはそう思った。

2009年3月、ペンは大学に戻った。
大学から2キロ以上離れた場所で野良猫をやっていた。エサをもらっていたKさんに動物病院に連れて行かれたことから身元が分かった。
そこではパンダ猫のパンちゃんと呼ばれていた。
てんかんの持病と腎臓病があった。話し合いでパンは大学に戻された。

何年かぶりに故郷へ帰ったパンは最初は戸惑った。でも優しかった職員のIさんのことは覚えていて、すぐに慣れた。Kさんもときどき大学に会いに来てくれた。名前はペンからパンに変わった。

それから3か月。
猫ボラさんたちがパンの異変に気が付いた。数日エサを食べに出てきていない。探し出して動物病院に運ぶと、ほっぺたが化膿して悪臭を放っていた。下痢も続いていた。腐った皮が脱落して顔に大きな穴があいた。化膿が止まっても食欲が戻らない。腎臓病も悪化していた。

パンが亡くなるまでの数日間、たくさんの人が入院中のパンに会いにきた。そして、みんなが集まった時を待って、静かに息を引き取った。

大学猫パンの生涯は、たくさんの人に見守られながら閉じた。

banner_031.gif




テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/12(金) 12:17:27|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TUNAMI猫2009

猫の多様性

200906091.jpg
続けて子猫を3匹見ていて、その違いに気が付いた。
それぞれに個性がある。
色や柄のきれいな猫。
モリモリ食べてすくすく育つ猫。
そしてこの子は、運動能力の高い猫。

長年飼っていた猫が死んでからネズミの害に悩んでいる人の情報が入ってきた。
とするなら、きわめて運動能力の高いこの子がふさわしい。
本来ネズミから食料を守るのが猫の家畜としての仕事。
昔はネズミを捕る能力が高い猫ほど人気があったのだ。
1ヶ月めす500グラム 一般状態良好 離乳食卒業

TNR-Tシャツ2009夏 注文受付中 6月15日〆切り

banner_031.gif





テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/09(火) 21:34:43|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

子猫の発生源

200906081.jpg

子猫の発生場所N5丁目。
やはり状態の悪い子猫が数匹出現した。
周辺にエサやり禁止の看板が目立つ。
この地域はTNR活動をやっている人が少ない。
今まで他の地域の猫ボラさんが多少介入していた。
しかしこの状況を何とかするには
行政と町内会を巻き込んでいかないとどうにもならない。
区の支援する地域猫モデル町会事業で成果の出ている町内会はすでにある。
今のまま「エサやり禁止」だけで解決しようとすれば、周辺の町内会に猫を追い払う結果になる。
たいへんに困るのである。
野良猫の繁殖を止めて発生源をなくすことは区民の声である。
それには町内会と行政と地元住民で解決策を話し合うべきである。


人と猫の共存プログラムTNR

TNR-Tシャツ2009夏 注文受付中 6月15日〆切り

banner_031.gif

猫ボラ風呂敷残り20枚

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/08(月) 13:04:48|
  2. 地域猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カイカイ耳の季節が始まった

200906041.jpg

外猫のカイカイ耳の季節が始まったようだ。毎年5月後半から10月まで続く。
何年も観察している野良猫の中に何匹か出る。だいたい毎年同じ猫がなる。
おそらくアレルギーの体質なのだろう。

経験的にわかったことは、
10日間家の中に閉じ込めて保護すると治ること。
または11月になると自然に治ること。

やぶ蚊の大量に発生する場所の猫に多い。
おもに両耳と鼻の頭をやられる。ようするに毛の薄い場所だ。
蚊に刺されたアレルギー反応だから、アレルギーを抑える薬で症状は軽くなる。
しかし蚊に刺され続けている間は完治しない。

似たような症状の原因は他にもあるので、病気の判定は専門家に相談したほうがいい。

banner_031.gif

「猫に餌は犯罪」掲示を撤去 松江市の歴史公園(共同通信 6月4日)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/04(木) 12:33:34|
  2. 医療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今年の子猫事情

200906031.jpg
少し変わったベージュ色のオス 生後1か月 一般状態は良好。 
猫缶は自力で食べる。ドライフード学習中。

1匹卒業したと思ったら、また2匹来た。
このところ生まれて1か月くらいの子猫が多い。
どれも悪意のある捨て猫のケースである。

今年は子猫の出現時期が1か月ほど遅れている感じがしている。
MY BLOGLISTにある「みゆき楽団歳時記」や「うちの中の野猫にっき」さんのところでも、やはりそうらしい。
例年妊娠のピークが3月なのに今年は4月だった。
今現在仲間内で保護されているのは、譲渡適齢期の2?3か月の子猫は少なく、2か月以下の子猫が多い。
夏休み以降に2?3か月の子猫が一気に出てくるだろう。
競争率が高くなる前になんとか決めてやりたい。

banner_031.gif

発信箱:猫のいる風景(毎日新聞 6月3日)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/03(水) 13:44:24|
  2. 野良猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猫と共存しよう

200905252.jpg

ぼくらの願いは「猫を殺さない社会がくること」

どうすればいいかって?

繁殖を減らすこと

そして生涯めんどうみてやること

それだけで、これからも共存できるはず

TNR

人と猫の共存プログラム

TNR-Tシャツ2009夏 注文受付中 6月15日まで

banner_031.gif

猫ボラ風呂敷残り24枚

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2009/06/02(火) 07:34:44|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

気になる6月の地域猫関連イベント?関東地区

FC2Ad